トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

STAP細胞論文の不正、捏造疑惑、しつこすぎる連日の報道

連日、テレビやネットではSTAP細胞と小保方晴子氏のことを取り上げています。会見の映像も何度も何度も流れ、またか(笑)と思うほどです。私はこのニュースに関して、全く関心がありません。STAP細胞が存在しようが、しまいがどうでも良い。ただ、このニュースに関する各所での批判などを見ると、違和感さえ覚えるほどです。

それは論文の捏造、改ざんとか、画像の切り貼りとか、小保方氏が作った論文の不正疑惑と呼ばれるところです。理系の世界での論文ってのがどういう位置づけなのか?どういう暗黙の了解があるのか?は知りえません。その前提で書かせてもらいます。問題になっているのは過去に書かれた論文からの転載などが問題になっていますね。

いわゆるコピペと呼ばれているものですが、これは内容に間違った箇所がなく、実験結果と異なる事実等の記載にある場合に初めて問題として認識すべきものだと思います。しかし、世の中で叫ばれているのはそこじゃないですよね。内容の信憑性の問題にはあまり触れられていない気がします。要するに、無断転載をしたことで咎められるとしたら、著作権に触れるということです。しかも、それを問題として主張できるのは論文の著作権者だけであり、メディアも、それ以外の人も関係ない人が何を糾弾しているのだろう?と。

著作権者の反応が分からないものの、一般的にはグレーゾーンであり、それがブラックになるか?ホワイトになるか?は著作権者の対応次第です。つまり、これは小保方氏と著作権者の問題であり、どうしてそれ以外の人が口を挟むのだろう?と思います。論文のコピペについては過去の自身のものであり、著作権的な問題は発生しないと思われます。問題なのは実験結果の画像ですか。問題があるとすれば、こちらを他から拝借したという点でしょう。

理系のことは詳しくないものの、それは実験結果を歪めるものなのか?が問題の焦点だと思います。したがって、コピペや画像の切り貼りという手段だけを叩くのは何か違和感がありますし、論文を作るうえでの暗黙の了解や伝統的に残っているルールに、そういう手段が禁止されているのならば、逆にそういった手段を禁止する理由を聞いてみたいところですね。どういう合理性があるんだろう?と。

コピペや画像の切り貼りをすると、内容の信憑性が下がるんでしょうか?そんなことはないと思います。コピペや画像の切り貼りという行為は端的に言えば、手抜きでしょう。そこが責められているのかな?って気はしますが、そうなると結局、手書きの履歴書礼賛の文化と同じ体質な気がしてきますね。時間や手間をかければ必ず良いものができるのでしょうか?結果が変わらないのであれば、手を抜くことの何が悪いのだろう?と。仕事を効率化しただけではないでしょうか?そこじゃなくて、それを導くまでの手段だけが主に批判されている昨今の小保方氏批判はもう私も飽き飽きです。

問題なのはそれが真実か?内容に不備がないのか?という点だと思いますが、STAP細胞が存在するのか?しないのか?というのがまだ判明していない時点で「捏造」という言葉を使ってしまうのも、何だか勇み足じゃないか?と思うのですが。捏造というのは真実を歪めることであり、結局は今回の発見は嘘だと言っているに等しい気がします。そこはこれから判明するところじゃないのでしょうか?

この報道も一体いつまで続くんだろう?連日テレビ放送ではこの問題を取り上げ続け、番組内では専門家が批評を展開するという流れも、見慣れた光景となってしまいました。はっきり言って騒ぎすぎです。個人的には小保方氏を支持したい派ですが、早くこの騒動が鎮静化して、彼女が平穏な生活を送ることができるように祈るばかりです。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム