トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

人はなぜ働くのか?就職するのか?そんな必要あるのか?

大学生は在学中から就職活動をし、卒業後企業で働くというのが一般的な人間の生き方としてテンプレ化されていますね。しかし、どうしてみんな就職をするのか?もっと言うと、どうしてみんな仕事をするのか?その問いに何て答えるでしょう。多くの方は「生きるため」とか、「お金を稼ぐため」と答えるかもしれません。

しかし、お金を稼ぐというのは確かに仕事をしないと不可能なことかもしれませんが、それは要するに「生きるため」とほぼ同義だと思います。生きるためにはお金が必要だから仕事をして稼ぐ。まあ、自然な考え方かもしれません。ただ、仕事をしていないと生きられないでしょうか?そんなことはないでしょう。大学まで行くことができた家庭なら尚更です。

法学者の白田秀彰氏が以前、とあるニコニコ生放送で以下のことを言っていました。

「学生たちの就職活動を見て、単純に変だと思うんですよ。雇って貰うのにあれだけコストかけているって何よ?あれだけコストをかけて雇ってもらわないといけないという状況を考えると、働かなくても良いという状況が発生していると見るのが正しいと思う」

白田氏のこと発言には、同席していた堀江貴文氏から「その通り!」という大きな声が響きます。そして、画面上は白田氏に対する賛同のコメント溢れかえっていました。人によって、就職活動にかかているコストは異なるでしょうけど、かけている人は相当かけていますよね。1年間みっちりやったら何十万ってお金は余裕でかかっているような気がします。就職浪人したらその倍ですよ。最終的に就職して給料を貰うためにやっている就職活動でにここまでコストをかけているというのは、まさに本末転倒な状態な気がしてしまいます。

これらのコストを出しているのは誰でしょうか?自分で出している人もいるかもしれません。私が就職活動をやっていた頃はほぼ全部が親持ちでした。つまり、親は子がある程度生きていくためのお金は通常であれば貯めているケースが多いですね。いずれはそれを遺産として相続させるというのが一般的だと思います。多くの人はその遺産を全て使わずに、また次の世代へと一部を相続させるという意味があるのか?ないのか?よく分からないサイクルを辿ります。

私はこういったお金を食いつぶしてでも親に頼って生きていくのはおかしなことではないと思います。少なくとも他人から「すねかじり」などと批判は謂れはないわけですよ。そう批判されたくないから、働くという選択肢をとる人も少なくないとは思いますけどね。ニートスズキ氏などを見ていると、清清しいくらいに開き直って親のすねをかじっているように見えました。私はこれのどこが問題なんだろう?と思います。

自立するのが偉いとか、働いている奴の方が無職の奴より上とか、何かよく分からない風潮が世の中には存在します。しかし、働く必要がなく生きていけるのであれば、私はそれで構わないと思います。働いた結果、過労死や鬱になるリスクは誰もが背負っている。特に中小零細企業、ベンチャー企業などに勤めている人はこのリスクが特段高い。働かなくても生きていけるのに、卒業と同時に働かないといけないという考えに縛られてしまった人は、思慮が浅いというか、選択肢が広く持ててないですよね。

そうなると、現実的に過酷な労働を強いられても、辞めるという選択肢はとれません。とれないというか、そういう選択肢が頭にないでしょう。それは先ほど挙げた、自立しない奴はおかしいとか、働いていない奴はダメ人間とか、ましては非正規は負け組とか、そういった世の中に作り出されたある種の風潮に縛られているから。そういう考えに縛られてしまった人は正社員のイスから転げ落ちないために、精神的な奴隷状態に陥り、永遠にブラック企業から抜け出せないし、最悪の場合、精神的に病んだり、死んだりということになってしまいます。

そういった意味でいうと、ニートスズキ氏のような非常に楽観的な考えで生きていった方がむしろ精神的にも肉体的にも平穏を保てそうです。親からしても、人間関係等に悩んで鬱になる可能性も低ければ、過労死の心配もないですね。親目線からしても、こっちの生き方の方が安心と思える面は少なくないということです。

ニートをやっていて、一生働かなくて良いとは言いませんが、働かなくて良いうちは働かなくて良いんじゃないですか?そういう従来の行き方とは違った、柔軟な選択肢をとる生き方をすることは、案外今後の人生において、広い視野を持っていくうえで非常に役立つ気がしますね。今は別にパソコンさえあれば、いつでもお金を稼ぐ手段は用意されていますし。やろうと思えば、いつでも仕事はできるでしょう。

働かないで生きていけるうちは働かなくて良いという考えを持つこと、絶対に卒業後、空白期間を作らずストレートに就職して働かないといけないという考えから脱却することは、今の混沌とした、窮屈にさえ感じられる世の中では意外に大切なんじゃないかな?と思いました。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム