トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

薬剤師の求人数も、年収も今後上がっていきそうな予感

今の日本は少子高齢化の時代ですが、高齢化が進むとある職業の人たちは有利になってくるでしょうね。それが医療関係の仕事です。平均寿命が伸びてきたことで、病院にかかることになる高齢者の数が増えてきました。そういった事情から医療に携わる人たちの需要は多くなっていくことが予想されます。

中でも、今注目されているのは薬剤師の人たちです。薬剤師は以前からよく転職先として選ばれていたりしますし、若い人たちもそうじゃない人たちも多く人が目指している職業といえるでしょう。ただ、国家資格が必要でそう簡単にとれるものではありません。というか、そもそも受験資格を得るだけでも結構大変なんです。

薬学系の大学を卒業しているなどの条件があって、誰でも試験を受けられるというものではありません。そのため、文系の人にはその点だけでもほぼ無理かもしれませんね。理系の勉強を薬剤師の資格試験のためだけではなく、大学卒業のためにもやらないといけないわけですから、現実的に理系で、さらに元々薬学系の大学を卒業するなどしていた人以外はなかなか受験資格を得るのも困難といえそうです。

先ほど述べたように今後は高齢者の割合が増え、病院にかかる人も増え、薬を貰う人の数も増えていくでしょう。すると、自然に薬剤師の数もそれだけ多く必要になります。また、最近ではドラッグストアの数がとても多くなってきていますね。コンビニの数並みに多いですからね。

こういったドラッグストアでも薬剤師は当然必要です。そして、ドラッグストアの店舗数の増加に伴って薬剤師の需要も大きくなっていくということですね。そして、薬剤師の年収は現在500万円強と言われています。この数字はそこまでではないかもしれません。ただ、この年収もどんどん増えていくと思われます。

今は業界全体で、薬剤師が不足している状態と言われ、かなりの売り手市場とされています。薬剤師になること自体が前述したように難しいですから、その数はなかなか増えません。しかし、薬剤師の需要はどんどん増えていきますから、まさに就職難の時代に、薬剤師だけはちょっと事情が異なっているのです。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム