トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

一人暮らしで貯金するコツは「いい加減な性格」になること

貯金がなかなか貯まらない人もいるでしょう。しかし、考えようによっては勝手にどんどん貯まっていくケースもあるんじゃないかな?って思うんですよね。私なんかドケチというか、結構面倒になって昼飯抜いたりとかいうことを平気で学生時代からやってたんですね。特に大学生のときなんて、学校に行く時間帯も不規則ですから、朝起きるのが昼頃だったりするときもありました。

そういうタイミングで起きると、当然朝ごはんは食えない。しかし、昼ごはんを食べるにはまだ起きたばかりで腹が減ってない。じゃあ、もう少し待ってから食べるか。と思うと、今度は夕方が近くなってきて、夕飯が食べられなくなるという、どうしたら良いのか?分からないような状態に陥ってしまうときが結構ありました。

そういうときは食費も浮くし、無理して食べる必要もないか!と思って、だいたい昼を抜いていました。食事ってのは1度食べればそれまでの空腹がリセットされるじゃないですか?例えば昼を食って、その後に食べる夕飯も、昼を抜いてから食べる夕飯も、空腹が大きい分、後者の方が美味しく感じられるとかはあるかもしれませんが、別に後者の方が満腹度が劣るとかはないですよね。

昼を食べても、抜いても、その後に食べた料理は同じだけの満腹感を得られるので、だったら、それまでに昼を抜いた方が食費が浮いて、後に昼を抜かなかったときと同じ満腹感、または満足感を得られるので良いじゃないか!となります。それまでの空腹度がどれだけであっても、1度食事を摂ると満腹感と満足度はほぼ一緒のものが得られるのです。

つまり、最後に食事をちゃんととれば空腹も埋まるし、満足感も得られるし、一緒じゃん!?ってことです。特に一人暮らしであれば、親が作ってくれるとかもないので、コンビニに買いに行ったり、ファミレスに行ったり、自炊したり、結構面倒なんですよね。その面倒な気持ちを優先して、もう食わなくて良いや!と思えたら、お金は多分どんどん貯まっていくと思います。

とはいっても、限度があるので3食全部抜くとかはやめた方が良いです。3食のうち1食くらいにしておきましょう。そして、休みの日とか、遅く起きたときは2食抜く日があっても良いかもしれません。どうしても食べないと我慢できないという人には不向きですが、多少の空腹なら我慢できるという人は、食事に関していい加減になると、貯金はしやすいでしょうし、同時にダイエットも出来て一石二鳥でしょう。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム