トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新卒でも中途採用でも有効な、面接で有効な「逆質問」とは?

就職活動でたまに見られるのがいわゆる「逆質問」です。これは面接の最後の方になって、面接官から「最後に何か質問はありますか?」といった形で聞かれることが多いです。ここで「ない」と答えるのは、一般的にはダメ回答とされているようで、こういったところでも就職活動の茶番ぶりが垣間見えますね。

どういう回答がベストなのか?それは想像でしか答えられませんが、自分が採用された前提で質問をしてしまった方が良いように思います。それが1番熱意を表すことにつながると思うからです。具体的にはどういう質問か?というと、例えば以下のようなものがあると思います。

「入社前までとっておいた方が良い資格は?」
「入社前に身につけておいた方が良いスキルは?」
「入社前まで何をすれば、御社で即戦力になれますか?」


「入社前」という言葉を全てで使いましたが、面接官からすれば、自分の会社にとって役立つ人材になろうとしているという一種の熱意が見られるとともに、漠然としてますけど凄い自信が伝わってくるのではないでしょうか?もう入社がすでに決まったかのような、凄い自信が文章からもちょっと溢れてきているような気がします。

こういった自信は面接官によってはウザがられる可能性はありますが、当たり障りのない質問をするよりはよっぽどマシだと思いますし、割とインパクトはあると思います。全部が全部ではないにせよ、割と良い印象として受け取ってくれる面接官の人が多いのではないでしょうか?

こういった質問は多くの人が本当に聞きたいことは聞けず、空気を読んだ人事の人を不快にさせない質問をすると思います。ただ、どうせなら人事の人に快感をもたらせるような質問を考えてみるというのも良いかと思います。そういった質問の代表例が、今回紹介したような質問になるかと思います。面接の段階から熱意を見せておくと、後々有利になるかもしれません。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム