トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活生がサイレントお祈りをむかつくと憤っても、説得力なし

学生のうちのほとんどが就職活動のサイレントお祈りに、何らかの嫌悪感を持っているでしょう。私自身も経験したことがあります。ただ、これがサイレントお祈りか!と妙に感動した覚えがありますね(笑)自分にもサイレントお祈りきたか!と。多くの学生は合否の連絡くらいきちんとしろ!と言う意味で、批判をしていると思います。

しかし、そういう学生もあまり説得力がないケースもあります。例えば説明会や面接の無断欠席です。連絡したから無罪放免とかではないでしょうけど、連絡をするのが1番良いというのは間違いないと思います。説明会の場合には、何らかの理由で欠席をする場合には、ほとんど無断で欠席する人が多いのではないでしょうか?説明会は応募した人が全員来ても、来なくても時間になれば来ない人はスルーして勝手に始まりますから、連絡をしたところで何の意味があるんだ?とも思えますし。私も説明会は無断欠席したことはあります。さすがに面接はないですけど。

したがって、学生の方も企業に対して不誠実な対応を実はとってしまっているのです。そういった人たちがサイレントお祈りを批判しているのか?サイレントお祈りを批判している人がそういう不誠実な態度をとっているのか?の個別のことは不明ですけど、全体として学生が企業の不誠実な態度を一方的に批判できる立場でもないような気はしています。

学生が不誠実な対応をしているから、サイレントお祈りが正当化されるというわけではありません。サイレントお祈り自体は確かに失礼で、不誠実な対応には違いないとは思いますが、企業からしてみれば連絡をするほどのことではないと考えているか?連絡をすることがあまりに無駄だと考えているか?のどちらかの理由でサイレントお祈りを発動させるのではないでしょうか?

ですから、学生にとって納得がいかなくても、サイレントお祈りは企業側にとってかなり都合の良いものとして行われている可能性は高いです。私自身、そこまでサイレントお祈りってむかつくかな?というのが正直なところです。私の場合は毎度お馴染みのコピペメールが届いて、お祈りの文章だと分かった瞬間は結構怒りがありましたけど、サイレントお祈りに関しては、特に憤ることもなく、そういう企業なのね。と放っておきます。問い合わせても、おそらく無視でしょうから。

サイレントお祈りの是非については、学生の方も偉そうにあまり言えない側面もあると思いますし、それが改善されればそれに越したことはないでしょうけど、改善を促すほどの問題なのかな?というのが私の感想です。サイレントお祈りがなくなったとしても、電話で合否連絡が来ることはなく、例のメールが届くだけでしょうから、メールでもなんでも、はっきりと「あなたは不採用です」と言われたときの方が、何か嫌ですね。私は変わっているのかもしれませんけど。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム