トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ネットビジネスで起業して成功する学生が増えると就職難は解決!

就職活動はリクナビ、マイナビなどの就職活動支援サイトの登場により、非常に学生にとってはきつい現状となっています。1人で何十社もエントリーして、履歴書やエントリーシートを書いて、面接を受けて、というハードスケジュールを学業と併行して行わないといけません。そのため、ただスケジュール的にきついというだけではなく、学生の間での競争率が物凄く跳ね上がり、1企業あたりの倍率も跳ね上がり、1個内定をとるだけでも死に物狂いにならないといけないのです。

そして、それでも内定がとれない学生は多くいます。こうした現状は大学が増えたことにより、大学生が増えたことも原因としてあります。つまり、就職活動に参加してくる大学生が増えたことにより、どんどん競争率が上がっていってしまったのです。近年の就職難の原因は大学生が増えたこと。そして、リクナビ、マイナビなどの就職活動支援サイトができて、1人の学生がエントリーし放題になったことの2つがあると思います。

就職難の原因はこれら2つによる倍率の上昇なのですから、倍率を下げることができればある程度就職難は緩和するでしょう。それにはどうしたら良いか?というと、そもそも就職活動に参戦してくる人の数を減らすことが必要です。それには何が必要か?「就職する」という道以外の仕事の見つけ方を学生に教えていくことです。

多くの人は他人が敷いたレールに沿って生きていくものだという一種の呪縛にとりつかれてしまっています。私も以前はそうでしたけどね。どうして就職するという道を選ぶのか?というと、そういう道を選んできた人が過去に多かったから。そして、それ以外の道がとても難しそうだから。という2つの理由があるでしょう。

しかし、2番目の理由については、はっきり言ってイメージだけで決めてしまっていますよね。実際、就職する以外の道というと起業があると思いますが、起業したこともないのに難しいって思っちゃっているわけです。先入観で自分には無理だと思ってしまっているということです。しかし、これは非常にもったいない。起業は簡単とは言いません。しかし、就職活動をして内定をとる難しさとさほど変わらないんじゃ?と思います。何をするか?にもよるとは思いますけど。

例えば、最近ならネットを使っていくらでもお金を稼ぐ手段はあります。私からしてみればやってみればある程度は皆さん稼げるのに!って思うくらいです。でも、多くの人はそれをやらない。やらないというよりはやれないんです。どうしてか?そういうお金の稼ぎ方を知らないからです。その原因としては「ネットでは簡単に稼げない」という先入観があるからです。だから、ネットで稼ぐやり方について詳しく調べようともしません。

確かにネットで稼ぐというのは簡単じゃないことはその通りです。でも、それは短期的な話であって、長期的にきちんとした方法で取り組むことができれば、ある程度の成果は出てくれるものだと思っています。ですから、まずは就職したい人はすれば良いんですけど、本当は就職したくないけど、嫌々就職活動をしている人も大勢いると思います。そういう人はなかなか良い結果は出てくれないのではないでしょうか?本当は就職したくないと思っているなら、それ以外の方法を模索してみましょう。

そして、できれば在学中から、大学1年からブログなどを始めて、就職しなくても生きていくための土壌を作りましょう。「大学3年から死ぬ気で就職活動をするなら、大学1年から気楽にネットビジネスを極めた方が良い」の記事でも書きましたが、4年間あれば、私はなんとかなると思っています。そして、そういう人が増えて、成功する人が増えれば、大学3年になったときに就職活動をする人はトータルでは間違いなく減りますね。

就職活動をしない人はそれ以外で仕事を見つけ、就職活動をする人は明らかに低下した競争率の中で、今よりも余裕を持って就職活動ができるはずです。生き方と共にお金の稼ぎ方も多様化している時代です。このような考え方を今後広めていきたいと思いますし、こうした流れが世の中に生まれることにより、世の中の社会人をもうすぐ迎える学生がみんなハッピーになれるときがくると良いですね。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム