トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就職を目指す職業訓練は、受けるだけ時間の無駄にしか思えない

職業訓練というものを受けて、就職を目指す人たちがいます。ちょうどニュースでその模様を見ました。職業訓練と一口に言っても、行われているものは様々です。ハローワーク、自治体などが主導で行うものが中心なのかと思いますが、結果的に就職を叶えた人はごくわずかみたいです。丁度ニュースで報道されていたのは、就職率80%と謳われている職業訓練が、実はそのうち正社員として雇用された人はわずか20%にも満たないということでした。

よく内定率という言葉が使われますが、あれも非正規雇用も分子に含めてしまっているために、かなり高い数字が出るらしいですね。就職って、言葉は普通は正社員になる人のことを指すと思うのですが、アルバイトなどを含めてしまったら、私も就職した経験があるということですか(笑)

実際、こういった職業訓練は実は意味はないんじゃないか?ということを言いたいわけです。結局、正社員として雇用された人は2割以下の職業訓練もありますし、そもそも職業訓練の期間があまりにも短すぎるという気がしてならないのです。ニュースで紹介されていた職業訓練はたった3ヶ月でした。3ヶ月で何ができるんだろう?って思います。

3ヶ月でできることって、新入社員が社内で研修を受けることとほぼ同じじゃないかな?と思います。3ヶ月の職業訓練を受けて、仮に正社員になれた人がいても、それって職業訓練のお陰じゃないと思います。その人は職業訓練を受けなくても、多分就職できたと思います。詳しい職業訓練の内容が分からないのですが、客観的に見て3ヶ月は短すぎると思います。

そして、そもそも企業側は職業訓練をどう見ているのでしょうか?ちゃんと評価してくれるのでしょうか?1年とか長い期間、特定の専門分野について行ったものなら、その分野の会社にとっては良い人材ということが言えるかもしれませんが、やっぱり3ヶ月という社内研修の延長くらいの期間のものを私は特別評価してくれるとは思えないんですよね。

実際、ネットでは「職業訓練って意味無いんじゃないか?」と考えている人は意外に多いようで、職業訓練を実施している方は、そもそも企業のニーズをちゃんと汲み取ってから教えているのか?疑問です。少なくとも社内研修で済むレベルの職業訓練なら、そりゃ企業側からしたら、何のプラス評価もしてくれないでしょう。

そもそも、企業の認識としては職業訓練と実務経験は違うはずです。つまり、いくら職業訓練を受けても、中途採用の即戦力的な扱いはしてもらえない。職業訓練はあくまでも職業訓練であり、実務経験があってこそ、その知識や能力が生かせると考えているのではないでしょうか?職業訓練を受けた人というのは、職業訓練を一切受けていない人と同等の評価を企業は下している気がします。

企業にとって、訓練で培った経験や知識は価値のないものとして、あくまでも前職など、実際仕事を通して得た経験や知識のある人を求めているのだと思います。そういった理由で、職業訓練を受ける、受けないは就職可能性を左右するものにはならないということですから、職業訓練は意味が無いと考えている人が多いのでしょう。

また、職業訓練を受けていると、「職業訓練給付金」という一種に給料を貰えるために、それ目当てでやる気のない人たちが集まってきているという話もあり、やる気の無い人たちがお金だけ貰って、あとは職業訓練を頑張っている振りをしているとしたら、やはりまた税金の無駄使いとか言われそうですね。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム