トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

リクナビ、マイナビを利用する学生が学歴フィルターを批判するのはおかしい

今朝の朝日新聞の一面に就職活動の学歴フィルターに関する記事が載っていました。日本大学の学生が説明会に予約しようとしたら満席で、同じ時刻に全く同じ企業に上智大学の学生が予約しようとしたら問題なくできた。企業に問い合わせたら「システム上の問題」といった説明をされ、納得がいかないといったものです。

私は学歴フィルター自体は全く否定しません。多くの応募者を裁くためにはとりあえず何らかのフィルターが必要で、それに学歴が選ばれているだけの話です。学歴っていうのは、本人の努力で1番どうにかできるものであり、他の要素をフィルターにすべきという意見もあるんでしょうが、私は学歴以上に効率性や合理性があるフィルターの基準がない限りは学歴で良いんじゃないか?というスタンスです。

だいたい、学歴フィルターを使っている企業は、ほとんどがリクナビ、マイナビなどの大手就職活動支援サイトに求人を出しているところでしょう。そこは企業がよく求人を出すと同時に学生も多くが利用するサイトです。私も両方登録したことがあります。そのときはみんな登録しているから。って理由で自分で特に考えもせずに、周りに流されていました。同じような感じで、リクナビ、マイナビを利用している人は多いんじゃないか?と思います。

しかし、世の中の就職するための方法の中で、これらのサイトを使う方法っていうのは割合的には少ないんですよね。他にももっといろいろなサイトがあったり、いろいろな手段があるみたいなんです。「リクナビ マイナビ 使わない 方法」とかで検索してもらえると、いろいろな方法がヒットします。NEVARまとめとかで整理してくれているところもあるので、それを見た方が良いかもしれません。

リクナビ、マイナビなんてのはある意味日本の就職活動を行うための手段の王道ともいっても良いものだと思います。誰もが利用するに等しいのだから、企業としてはそりゃそこから応募してくる学生に対してフィルターをかけないといけない事情が生まれてしまいます。そんな状況がありながら、リクナビやマイナビを利用していながら、学歴フィルターを批判するのはどうも納得がいきません。フィルターに引っかかるのは学歴が乏しいからでしょう。ほとんど自分のせいではないでしょうか?

学歴フィルターにひっかかりたくないのであれば、それ相応の学歴を手に入れるか?学歴フィルターが関係ない手段で就職活動をするか?の2つのどちらかをとらないといけません。前者に関してはこれからやるには厳しいものがあるでしょうけど、後者は可能ですよね。ネットで調べてみると、実はリクナビ、マイナビといったサイトを利用しないで就職活動をして、見事内定をゲットしている例はよくあるみたいで、ある意味そういうマイナーな方法をとれば競争率が下がりやすいですから、就職活動においても、情報強者はやっぱり有利なんだと思います。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム