トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新潟県の小中学校の給食で牛乳廃止へ!和食メニューと合わない

新潟県の小中学校で、新しい試みがされているようです。それは学校給食から牛乳を外すというものです。新潟県では、和食のメニューが中心になることが多く、それに牛乳は合わないという声が多かったそうです。しかし、牛乳を中止すると、家庭で補えないカルシウム等の栄養が摂取することができなくなるという懸念の声もあるそうです。

私自身、牛乳が大嫌いだったので、こういった試みは割と支持したいです。本当に拷問のような感じで飲んでいました当時は。子供の頃は大人のとき以上に好き嫌いははっきりしていると思います。しかし、集団的に同じものを食べさせる給食では、嫌いなものを食べたくない!他のものに変えてくれ!と言えないどころか、嫌いなものを残せない!という本当に拷問同然のルールが存在していました。結局、私は小学校では6年間牛乳を無理矢理飲んでいましたが、中学校では残していました。中学校は弁当だったのですが、飲み物として牛乳だけは支給されており、残すのOKだったんです。

結局、小学校時代の拷問もあり、今でも牛乳は大嫌いで、もう10数年飲んでいません。児童、生徒の健康を気にして余計なお世話に出た結果、私のように将来的に牛乳を飲まなくなる人もおそらく出てきます。牛乳だけじゃないですね。他の料理、食品を無理矢理子供時代に食べさせられた結果、トラウマになって、一生食べられなくなる人は出てくるでしょう。

学校給食って、私はそもそもいるのかな?って思います。一方的に金を払わせて、食べたくないメニューを一方的に食べさせられるって、本当に拷問同然だと思うんですよね。給食のメリットって、保護者が弁当を作らなくて良いくらいのもので、児童、生徒にとってはほとんどメリットはないと思います。ちなみに私の中学校では、基本は弁当でしたが、コンビニで弁当とか、おにぎりとか買っていって、それをお昼の時間に食べるというのもありでした。そうやってお昼に食べるものくらい各家庭に選択させてあげれば良いのに。

だいたい栄養云々の話は各家庭で指導すれば良いだけの話だと思うんですよ。学校があえて気を使う必要は無いです。気を使った結果が、人によっては拷問同然の食事になってしまっているのです。1日3食のうちの2回は家出で食べるわけですから。学校給食は事前に指定されたメニューを食べるしかない本当に拷問のような食事を強要されるときもありますが、家での食事の場合は親と子供が相談して、栄養のバランスを考えながらも、いかに子供が食べやすい食事の形にしてあげられるか?といった個別の配慮が行き届きます。

それは子供の数が大量にいる学校給食では実現不可能です。だから、人によっては拷問のような食事をさせられる事態が存在するのです。集団でみんな同じものを食べよう!的な取り組みは、まさに今日の社畜養成につながっている面もなんとなくあるような気もします。まさに就職活動をしている学生が、みんな黒髪で、黒いスーツで、面接でも同じようなこと意sか言わなくて・・・。それと深い関係がどうもありそうな気がします。

学校教育自体が私は全般的におかしいと思いますが、その中の一端を握る学校給食に関しても、まるで戦時下の体制の配給制みたいな感じで、一律に同じものを食べさせる必要性はほぼないと思っています。新潟県の取り組みには、まさにグッジョブ!bと言ってあげたいですね。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム