トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

勉強中、取得見込みの資格であっても履歴書に書いた方が良い理由

履歴書を書くときに資格欄ってありますよね。ここに書く資格がないと、ちょっと寂しいというか、人事の人にどう思われるんだろう?ってことを気にする人もいるかもしれません。アルバイトとかの面接であれば、資格に何を書いても特別有利になるものはほとんどないと思います。ただ、就職や転職の面接では、話のネタになることもありますから、何かしら書いておくと話題が膨らみ、和やかに進む可能性もあります。

たまーに、現在勉強中、または取得見込みのの資格を書くべきか?ということを悩んでいる人もいるみたいです。おそらく多くの人はすでに取得済みの資格について書く欄だという認識があるかもしれません。しかし、基本的には履歴書の資格欄に書いて良いものとか、書いてはいけないものといったルールはありません。大切なのは見た相手がどう思うか?という点です。

私の意見では、勉強中の資格は書いても良いと思います。ただし、条件付です。それは例えば、すでに類似の資格を持っており、それのさらに上級の資格を勉強中の場合には書いても良いと思います。例えば英検2級を持っていて、「現在、英検準一級を勉強中」といった書き方は別に印象を悪くするものではないと思います。

しかし、英検の資格を何も持っていないのに、「現在英検1級を勉強中」と書いても、私なら「本当?」って思うでしょうね。「勉強中」という書き方なら、嘘もつけますし、書きたいことを何でも書くような人が出てきそうですね。取得が相当困難な資格でも勉強中と書いておけば、好印象ならみんなそうやりますから、さすがにこういうケースは私なら特に評価はしません。

ネットを見ていると、中には取得済みの資格のみ書いて、勉強中の資格は書くべきじゃないという人がいます。これも1つの意見であり、私のも1つの意見です。別にどちらが正解とかではないと思います。こういったいろいろな意見を受けて、あなたがどちらが正しいと思うか?正しいと思った方を実践してみましょう。

すでに取得済みの資格を書くだけではなくて、さらにプラスしてより上級の資格を勉強中としておくと、現在も向上心を持って努力ができているんだなー。と思ってくれる可能性はあります。私は本当に勉強している資格があるならば、まだ取得できていなくても、是非書いておいた方が良いのではないか?と思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム