トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

履歴書とエントリーシートの違いは?2つとも提出させる意味って?

就職活動で履歴書とエントリーシート両方書かされて、提出する場合が多いと思います。しかし、実際に書いてみると同じような項目が並んでいることが多いです。履歴書は自分で用紙を用意して、過去の経歴などを簡潔に書くものとされています。そしt、エントリーシートは用紙を企業が用意して、独自に聞きたい項目を聞くために書かせるとされています。

しかし、私の経験上履歴書にも当然書いてある項目がエントリーシートでも用意されていることが多いのです。例えば、名前、年齢、過去の学歴、志望動機、自己PRなどといった項目は履歴書にも書いてあることが多いですが、エントリーシートにもそういう項目があることが多いです。実際、履歴書とエントリーシートに同じ項目があったとして、そこに同じ内容を書くべきか?迷う人も多いようです。

しかし、多くのサイトでは全く同じことは書くべきではないということが書かれています。例えば、「就活塾で学ぶ大手内定100の方法」というブログには以下のような説明がされていました。

>あなたが友人とレストランに行ったとしましょう。最近出来たということで、あなたはそのレストランのメニューも何がおいしいのか、おススメなのかすらわからなかったとします。

その時に店員さんから“メニュー”を渡されます。はじめてのお店なだけにどんな料理があるかと期待していたところ、そのメニュー表は文字だけのものでした。

大まかな料理の内容と価格はわかるものの、どんな料理なのか具体的にイメージができません。理由は…写真がないからですね。そこで店員さんに「料理の写真などはありますか?」と聞くと、何やら写真付きのメニューがあったようで、それを持ってきてくれました。

「最初から写真付きのものを持ってきてくれればいいのに…」と思いながら、新しく手渡されたメニューを見てみると確かに写真はあります。ですがそれ以外は最初に渡されたものと全く同じで、料理名と値段しか書かれていませんでした。とりあえず注文して、友人と食事をして帰りました。

そして一か月後、またその店を訪れると…問題だったメニューが新しくなっていました。文字だけのメニュー表はもちろんそのままなのですが、わかりやすく説明できるように写真付きのメニューに「文字だけのものにはない料理の説明書き」が付いていたのです。

どうも前回食事中に友人と「メニューに説明書きがあった方が親切だよね」という会話を聞いていたようで、すぐに改善をしたようでした。

レストランの話でも気づいたと思いますが、内容がほとんど同じであれば、メニュー表は1枚でよかったはずです。写真付きのものを正式なメニューにすればいいわけですよね。

履歴書とESも、同じようなことが言えます。


この例は読んでいて思ったのですが、写真だけのメニューと文字だけのメニューということで、役割が全然違いますね。つまり、同じ項目で履歴書とエントリーシートに同じ内容を書くべきか?という例としては不適切な気がします。お客さんにとってはどちらかの情報では満足できず、両方のメニューが必要なわけですよね。だから、この2つのメニューは情報が全く異なるわけですから、多くの就職活動中の学生が悩む、履歴書とエントリーシートで同じ情報を書くべきか?とは状況が違うと思います。

この例の意図はおそらく、履歴書だけではちょっと不明な点をエントリーシートで補完する、詳しく書いて内容を充実させるということ示しているのだと思います。確かに同じような項目がある場合、全く同じことを書いても意味がありません。読むほうも2度手間です。しかし、この例でいえば、写真つきのメニューに、値段や料理名、料理の詳しい説明を載せればそれで済むことだと思いますし、それは可能ですよね。だいたい、日本のファミレスで、メニューが2つあるなんて聞いたことないですし、普通のお店は1つのメニューに料理名、料理の写真、値段、詳しい説明は載っていると思います。

このブログで書いてあることは、履歴書とエントリーシートの2つがあるのが当たり前という前提だからこそ、2つの用紙には全く同じことを書くべきじゃない!と言いたいのでしょう。「履歴書とES内容が全く同じでは、2つ提出する意味が薄れる」という表現をこのブログ主の方も使っていますが、履歴書とエントリーシートの2つを提出させるという前提が限りなく正しいという保障はそもそもないと思います。

私にしてみれば、履歴書とエントリーシートの2つが本当に必要なのか?という疑問が当然に沸いてきます。多くの学生が同じような内容しか思い浮かばないならば、2つ提出させる意味が薄れるならば、じゃあ1個で良いじゃん!っとなってしまいます。

つまり、何が言いたいのか?というと、企業が聞きたい質問項目を載せるエントリーシートに履歴書の項目も全て載せてしまった方が早いだろう!ってことです。履歴書なんてのは個人が勝手に用意するもので、フォーマットは指定されないことが多いです。つまり、企業が特別見たいものじゃないはずです。特別見たいものはエントリーシートという形で別途提出するんですよね。これ、どう見ても学生からしても2度手間なんですよね。

エントリーシートに履歴書にも当然入っていて、かつ企業が見たい、聞きたい質問項目を入れた方が学生からしても、企業からしても手間が減ると思います。履歴書は簡潔に書いて、エントリーシートは詳しく書くとか、意味が分からないです。詳しい内容がエントリーシートに書かれているのならば、そっちを見れば、履歴書に書かれている簡潔な内容もすべて内包してしまうでしょう。大は小を兼ねると思います。人事が履歴書を見てまずだいたいの内容を把握し、次にエントリーシートを見て詳しい内容を把握するなんていう、明らかな無駄な手順を踏む合理性が理解できません。

だいたい、名前、年齢、学生、職歴などは履歴書だろうが、エントリーシートだろうが書く内容は全く同じです、これ以上エントリーシートで詳しく書きようがありません。これらについては全く同じことを書くわけですから、完全な2度手間です。こういった項目でさえ、学生は神経をすり減らして、かなり丁寧な文字で書くんですから、相当な手間と時間と労力がかかってしまいます。それを削減できるのです。

このような理由で、履歴書とエントリーシート2つ提出させる意味が私には分かりません。2つを合体させるというか、企業が知り得たい情報をすべて1枚の用紙に書かせれば、それで済むと思います。このブログを書いた方も「レストランの話でも気づいたと思いますが、内容がほとんど同じであれば、メニュー表は1枚でよかったはずです」と書いてあるように、同じような内容なら1枚にまとめちゃえば良いと言っています。それを履歴書やエントリーシートでも何故主張しないのか?分かりません。

そうすれば、先ほどのメニューでいうところの料理の写真は分かるけど、料理の詳細や値段などが分からない。だから別のメニューを持ってこさせるなんて手間はいらないのです。だいたい、客からすれば、2つのメニューを交互に見比べるなんてダルすぎます。1個にまとめてくれ!って思うでしょう。企業だって履歴書とエントリーシートを見比べる作業は同じだと思います。1個にまとめちゃえば、学生も企業も良い事尽くしな気がします。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム