トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

貴方は日本の選挙権の18歳引き下げに賛成?反対?

選挙権は日本の場合は20歳から付与されます。近年、それを18歳に下げるべきか?という議論も多くなされており、外国では18歳から選挙権が付与される国も世界では別に珍しくないため、日本でも18歳から選挙に投票に行けるようにすべきか?という議論は国会だけではなくて、一般市民の間でもすでに行われています。

私の意見を言うと、正直どっちでも良いというのが本音です。選挙権という1つの権利は年齢という条件付で与えるのがベストなのでしょう。そうなると、どこかで線引きをしないといけないのですが、それが20歳でも18歳でも別に特段変わるものとは思えません。20歳というのもキリが良い数字というのと、丁度民法上でも成年として扱われる年齢ということが大きく関係していると思います。

18歳の子と20歳の子で思考力に特段の差があるとは思えません。というか、思考力で選挙権の付与を考えるのならば知的障碍者の方や認知症の方といった思考力に何らかの支障が出ている方からは選挙権の剥奪を検討しないといけなくなるでしょう。ですから、本来であれば、「選挙権」の意味を認識できる年齢にさえなっていれば良いと思います。そうなると、別に小学生とか中学生の年齢でも問題ないような気がしてきますね。

実際、20歳より下の年齢でも選挙に行って投票したいと思う人は多いでしょう。特に18歳の選挙権付与に賛成する人は高齢者に対する若者の声を届かせる意味があるとされています。ただ、若者の投票数の絶対数は増えても、投票率は対して変わらないと思います。「政治家は若者が投票に行けば、若者のの言うことを聞く」ということも言われていますが、私は残念ながらそういう風になるとは思えません。

というのも、若者が自分の得票数にどれだけ貢献してくれたか?が重要で、例えば、1人の政治家に投票された票数のうち、20代の投票数が他の世代の投票数を圧倒しているような状態がこないとダメなわけです。そういう状態があれば、他の世代よりも若者が1番自分の得票数に影響が大きい=こいつらのご機嫌をとる政策を考えなければ!となります。

しかし、若者のほとんどの投票が結果的に落選した候補者に向けられていた場合、これはせっかく若者が投票に貢献してくれたにもかかわらず、それを認識できる候補者が当選して、国会に意見を届けることができません。ですから、単純に若者の投票率、または投票数が増えるだけではダメで、ちゃんと当選するような候補者に投票が集中する状況が起きないとダメだろうということです。

単純に高齢者に比べて絶対数で明らかに劣る若者は現状ではきついですから、その中で高齢者たちよりも自分たちの方を向かせるには、同じ選挙区の若者が一致団結して同じ候補者に投票するといった集団行動が必要になると思います。しかし、それは現実的に厳しいと思います。

ただ、今までの話を覆すようですが、そんなことが起きたとしても大多数の政治家は若者を無視すると思います。それは大多数の政治家が高齢者世代だからです。政治学者のダウンズは政治家を合理的行為者モデルとして説明しています。これは主に、当選を果たすために、得票を最大にするために合理的な行動をするということを説明したものです。

ただ、私は当選して国会で仕事をするようになっても、合理的な行動は貫き続けるだろうと思っています。自分たちが高齢者ならば、そりゃ高齢者向けの、高齢者にとって有利な政策を展開するのが当たり前だと思います。それが政治家だろうが、誰だろうが人間というものだと思います。よって、よほどのことがなければ彼らが高齢者以外を優先するなんてことは、私は考えられないのです。若手議員は別として。

結局、18歳で投票に行けるようにして、何が変わるか?というと、ほとんど何も変わらないと思います。ただ、投票したい人で投票に行けない人が行けるようになる。その一方で、投票に行く気もない人が選挙権を付与されて、ちょっと迷惑って状態が生まれるだけだと思います。メリット、デメリット共にほとんどないと思います。だから、私は選挙権を18歳に引き下げることについては、どっちでも良いのです。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム