トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の面接で「どうぞ私服でお越しください」というドS企業

就職活動の面接のときに「私服で来てください」と言われたら、あなたはどんな格好で行きますか?「服装自由」という場合もあるでしょう。私は超迷います。というか、頼むから私服指定はしないでほしい。素直にスーツで行かせてほしいと思うことでしょう。それくらいにこの「私服」というワードは、就活生にとって、神経をすり減らすほど困り果てる要素になりえるのです。スーツであれば、何も迷わなくて済むのですから。

これの何が問題か?っていうと、私服というのはあまりにも範囲が広すぎます。というか、その人にとって私服であれば、それは私服なわけですか、ゴスロリみたいな格好や全身タイツみたいな格好もありえます。極端な例ですが。私服と言われたからには、はっきり言って常識の範囲内であれば、どんな格好でも良いはずです。しかし、その常識の範囲内が学生と人事では違う場合があるのです。特に歳が離れている場合にはそのケースはよくあるでしょう。

だから、人事の常識の範囲内をこっちが予想をしないといけなくなります。事前に面接官がどれくらいの年齢の人か?というのは、なかなか分かりません。1次面接とかであれば、若い社員が務めそうです。逆にもっと後の面接になると年配の人が面接官を務めそうです。それくらいの簡単な予想しかできません。だから、どういう服装をしていったら、どういう反応をしそうか?を予測して、服装を調節するというのは難しいのです。

実際、問題として表面化してしまった例もあるらしく、自分の考えた私服で行ったら怒られたケースがあるらしいんですわ。その人がどんな私服だったのか?分かりませんけど、その怒った面接官はその学生に「オフィスカジュアル」というものがあるだろ!と説教をしたしらしいですね。確かにそういう概念は聞いたことがあります。ただ、オフィスカジュアルという概念をその面接官が知っていて、それじゃないとダメというのなら、「私服」というもっと広範囲な指定をするべきじゃないはずです。

最初から「オフィスカジュアル」を指定すればイイノデス。オフィスカジュアルがどういう服装か?というと、シャツにジャケット、そしてチノパンみたいな格好で、はっきり言ってフォーマルな格好に近いです。私は私服でこのような格好はしません。ですから、少なくとも私にとっては「オフィスカジュアル」は「私服」ではないのです。私服というのはその格好をする人が勝手に決められる概念ですが、オフィスカジュアルは「スーツ」と一緒で、社会的に形が決まっている概念です。カジュアルとついてはいても、オフィスカジュアルはフォーマルの概念ですよ。

つまり、「私服」を言ってしまった以上は、その人が私服と思ったものが間違いなく私服であり、そこに面接官がいちゃもんを入れる余地は全くありません。そういったことを面接官が理解していないせいなのか?こういった食い違いが起きるのです。面接官の理解力を問うても、採用に変わることはないわけですけど、こういうことを言ってくる企業は多いし、同じような理不尽な目に遭うことはよくあると思います。

そんな話が山ほど詰まっているのが、以下で紹介する「就活のバカヤロー」ですね。


この本には就職活動をしていたら、誰もが感じる違和感、納得いかない部分について言及していて、それへの批判や分析がまとめられている本です。就活に関する本というと、マニュアル本みたいな内定を獲るためのアドバイス的な本ばかりですけど、こうやって、現行の就職活動を否定してくれている本は珍しいですね。多くの就活生にとっても、読んでみると共感できる部分が多いのではないでしょうか?日頃、精神的にも肉体的にも疲れている学生は、暇なときに読んでみてはいかがでしょうか?

そういう理不尽なことが就職活動をやっているとたくさんありますよ?ということを言いたかったんですけど、とはいっても、こんなことで怒る面接官はちょっとどうかと思います。学生にほとんど非はないと思います。オフィスカジュアルと私服の概念的な違いをちゃんと理解したうえで、服装の指定をすべきだったのです。ただ、こういうことはよくありますよ。だからこそ、学生としては、シンプルにスーツで行かせてほしいんですよ。こんな経験もしたくないですし、事前に悩みたくありませんから。

そもそも、アパレル業界でもないところがわざわざ「私服」を指定する意味は分かりません。はっきり言って、アパレル以外で私服指定をしてくる企業はろくなところじゃないと個人的には思っています。学生と企業の間に明らかな齟齬やトラブルが起きるのが目に見えているのですから。企業はそうは考えていないでしょうけど、私からしたらただの嫌がらせじゃないか?と。素直にスーツを着させてくれ!それで何の問題も起きないのだから。

学生は男女問わず見た目には他にも多くの箇所で気を使っています。例えば、髪型、鞄、靴など。これ以上学生を悩ませないでほしいです。もし「面接は私服で来てくれ」と言う企業があれば、それはこれまで書いたような学生の葛藤を想像して楽しんでいるドS企業にしか思えません。どういう服装をしてくるか?の反応を見ているというかもしれないけど、実際の仕事をする中で、こんな曖昧な言い方しかしていないで、社員が仮に本来しないといけない望ましい格好ができていなかったとしても、それはその格好をしてきた人がダメなのではなく、そんな曖昧な指示しかできない方がダメであり、それを面接の中で実践しても、じゃあ伝えた側の人事がダメなんですね。と言われて終わりなんですよ。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム