トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

面接で「空白期間」理由での不採用は人事の自己保身という言い訳

空白期間という言葉は求職者にとって、重くのしかかる十字架のような存在です。すでにできてしまった空白期間は覆しようがないからです。真面目に求職活動をしていようが、旅行に行っていようが、資格の勉強をしていようが、「会社で働いていない」期間がわずかでもあると、そこを嫌がらせのように突いてくる面接官は多くいます。

客観的に見て、一体どこが問題なんだ?というような空白期間でさえ、それを理由に不利益な評価をする人事は一定数いると思います。それは1度採用してしまうと、なかなかクビにできず会社としても困るし、その責任を人事に押し付けてくるような会社の体制があるといのも理由の1つかもしれません。

要するに、少しでも瑕がある人を雇うのは勇気がいるわけです。後でその人が使えないことが分かった場合に、そこを当然上の方から責められますから。「どうして、そんな奴を採ったんだ!?」と。選考する段階からあらかじめマイナス面が露呈しているような人は、人事にとって、どうしても自己保身に走ってしまうのでしょう。これはしょうがない面もあります。

だから、その人の他の面を考慮せず、何か1つでも瑕があると、その時点で「もうy、この人を採るのはやめておこう」と潜在的に思ってしまうことも少なくないと思います。つまり、空白期間がある人がなかなか就職できなかったりするのは、空白期間自体に客観的な問題があるのではなく、企業側と人事の都合によって、それを理由にされてしまっているのだと思います。

だから、面接や履歴書を見ての書類選考で徹底的に観察して、少しでも瑕がない人を選ぶ。後で使えないことが判明した場合でも、「私はできることはしました!」と、説明できるように努めているだけなんです。ただ、求職者の側からすると、どんな都合や理由があろうと、結局空白期間があるとダメなのだから、嘘をついたり、上手く誤魔化したりしていかないといけません。

そういったことをしている企業がほとんどだとは思いませんが、そういう企業が多いせいで求職者も「まーた、面接で空白期間の説明を求められるんだろうなー」と、面接を受けるのが億劫になってしまったり、恐怖を感じることもあるでしょう。空白期間は犯罪歴じゃないんだから、仮に採った人が使えなかったとして、それを空白期間のせいにすること自体がおかしいと思います。それは人事だけではなくて、会社全体の体質として。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム