トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

飲み会嫌いな若者に言い放つ、「親睦を深める」という言い訳

飲み会って何の罰ゲームだよ!って感じている人も少なくないでしょう。別に飲み会自体は嫌いじゃなくても、一緒に飲みたいと思わない人たちを席を合わせて何時間かの時間を過ごすというのは罰ゲームには違いないです。特に最近の若者、新入社員は飲み会を嫌い、参加しないという人は多くいるようです。それに対して、文句を言う人もいるみたいですが。

本来、飲み会は自由参加のはずであり、強制されることはあってはならないでしょう。ただ、強制はしていなくても圧力によって、事実上の強制状態にある会社も少なくないと思います。ある意味パワハラに近い状態ですね。ただ、飲み会を開く側の言い訳としては、「飲み会を開くと親睦が深まる」というのがあるみたいです。

これは何を考えているのでしょうかね?飲み会に参加したくない人の理由はいろいろありますが、結局は人間関係が理由でしょう。できるだけ付き合いたくない人たちと狭い空間でマナーや気を使いながら、何時間も過ごすなんて苦痛でしかない中で、どうやって親睦が深まるのでしょうか?親睦を深める努力でもしてくれているのでしょうか?親睦が深まるといくらいっても、彼らの言い分は「親睦なんて深めたいと思わない」が本音だと思います。

要するに、飲み会に誘ってくるのもおせっかいならば、その理由の「親睦を深める」というのもおせっかいな可能性が高いです。今の若い人たちは会社に何か生きがいとか、魅力を見出そうとする人は少ないと思います。つまり、生きていくために、お金を稼ぐための手段として会社を利用しているだけであって、それ以上のかかわりはできるだけ避けようとしているのでしょう。飲み会に参加すれば、ただでさえ少ない休みの時間が減り、ただでさえ安い給料が減る。良いことなんて何にもないです。

会社に属する人が良い人ばかりで、そういう人たちとなら・・・。といった稀な状況でもなければ、進んで飲み会に参加する人は出てこない時代なんです。あと、「飲み会が嫌い、または苦手」といった人が案外多いことを飲み会を推奨している人たちがいい加減に知るべきです。好きでもないイベントに参加して、親睦が深まるなんてありえないでしょう。不信感や苛立ちが募るだけです。そんなに親睦を深めたいなら、もっといろいろな方法を探るべきです。

飲み会に多くの人を集めようとする人たちは、そもそも親睦を深めるなんて思っていないと思います。多くの場合、割り勘でしょうから、誰でも良いから多く集めた方が、飲み会を楽しめる人たちが支払うお金が減りますから。結局、飲み会はいわゆるリア充(この場合、飲み会のようなイベントを心から楽しめる人たち)たちが満足するだけの場であり、それ以外の人はその人たちにただ貢いでいるだけの構図になっている可能性も高いのです。

飲み会を誘う理由で、「親睦を深める」という言葉が出てきたら、そう思った方が良いと思います。彼らは自分たちが楽しめさえすればそれで良いと思っている可能性も高そうですからね。「飲ミニケーション」って、都合の良い言葉を社会に根付かせたのも彼らでしょう。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム