トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

つまらない大学の講義の時間、私はいつもあることを考えていた

私が大学生の頃、ある授業をとっていて、その授業を担当していたのは非常勤の講師の人でした。その人はなんとなく大人しげな感じで物静かな感じで、失礼ですが、いわゆる「根暗」みたいな感じに私には映っていました。で、その授業は時間割に空き時間があったからとっていやただけで、全く興味のない、私にとってはつまらない授業だったのです。

おまけにその授業中は、学生が好きなようにおしゃべりに励んでいて、凄いざわついていました。おそらく多くの人もつまらないと感じていたのでしょう。でも、つまらないのに何でそんな授業に出ているのか?というと、出席をとるからです。だから、仕方なくその場にいます。でも、つまらないから友達とかと話し出すんでしょうね。

私自身はうるさいと思いつつも、別に興味ない授業だし、レジュメ貰って、出席カード書いて提出できればそれで良いや!と思っていました。しかし、大多数がつまらないと感じていると思われる授業でも、真面目に話を聞いている人がいます。そういう学生にとっては、この環境はいい迷惑です。この講師の人は、完全にざわつきを無視して、マイペースに講義をしている感じで、ざわつき毎回一向に収まりません。

私はずっと思っていたんですけど、こういう状況を放置して良いのかな?と思います。私にとってはそんなざわつきは無視できるものでしたが、真面目に聞いている学生にとってはやっぱり邪魔な存在です。別の講義では、ざわついた場合にきちんと注意して静かにしてくれる教授もいました。しかし、この講師の人は先ほども言ったように大人しい感じの人なので、注意をする素振りは全くありません。

こういう場合、教授は注意をして静かにさせる責務があるんじゃないか?と個人的には思います。っていうか、それができないのならばいくら教授として優秀でも、講義を行う能力はないんじゃないか?と思いました。私にだって、興味のある授業はありました。で、その授業でざわついていたら流石に邪魔で仕方ないでしょう。いい加減にしてくれと思います。私にはそんな中で「静かにしろ!」なんて言えませんから、大学教授とか、教師には向いていません。しかし、自分でそういう職業を選んだ人はその責務を全うするべきじゃないか?と思うわけです。

ざわつきっていうのは明らかに講義を阻害する要因になります。講義を担当する人は学生が快適に講義を聞くため最低限の配慮をすべきだと思います。非常勤講師だからといって、その責務が阻却されるわけではないと思うんですよね。私自身は間違いなく注意できません。だから、そういう職業は選ばなかったのです。でも、そういう職業を選んだ人は注意をすべきだと思います。

つまらない授業の中で、毎回このざわつきが気になっていて、興味を持とうにも持てない状況でした。こんな授業環境の中で、まともな勉強ができるんだろうか?と思います。真面目に聞こうとしていて、単位とれなかった学生がちょっと可哀想です。ちなみに私はその授業単位貰えませんでした(笑)まあ、仕方ない。でも、後からAAととった友達を何を答案に書いたか?答え合わせをしたら、ほぼ同じこと書いてるんですよね。しかし、一方は単位すら貰えないで、一方はAAという現実・・・この教授はいろいろな意味で、今でも忘れられない。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム