トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

自営業でも実は英語ができる人間は有利だったりする

就職活動ではよく英語ができる学生は重用される傾向にあるらしい。これは履歴書に「TOEIC○○○点」といったスコアを書いておくと、向こうから質問されることもあるようで、英語ができるというだけで価値を見出す人事の人は多いようです。

英語ができるというのは非常に重要らしい、むしろ、コミュニケーション能力が皆無でも、英語ができるというだけで相当就活動が有利に進むという話はたまに聞きます。したがって、今は多くの大学生が早い時期から留学を選択するのかもしれません。

実はフリーランス、自営業の世界でも英語ができることは非常に有利に働くことは多いです。クラウドソーシングのサイトを見ても、実は「翻訳」関連の仕事は多い。しかも、誰にでもできるものではないから、報酬が良かったりあまり仕事の争奪戦となることも少ないと思います。

クラウドソーシングで行う翻訳の仕事であれば、そこまで英語力が要求されているとは思えませんから、スキルを持った人は大勢いるかと思います。ですから、やろうと思えばやれてしまう仕事なのかもしれません。ただ、実際英語力に自信がない人は無理でしょう。いちいち調べながらやっていたのでは時間だけがかかってしまって割に合わないでしょうから。

英語力にそれなりの自信のある人は本業で頑張っても良いでしょうし、副業でやっても良いでしょう。言いたいことは英語力のある人間は現実の企業だけではなくて、インターネット上の仕事でも必要とされているということです。仕事ののためにスキルを磨きたい!と考えている方は英語を学んでみてはいかがでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム