トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「楽天」社員が元値を吊り上げ、割引でお得感の演出を出店店舗に指示

大手IT企業の楽天が同社にお店を出店しているお店に対して、元値を吊り上げさせ、割引させたように見せかける二重価格を指示していたとされています。要するにお得だと思わせて、全然お得じゃないということでしょうかね。去年、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になったときも、77%オフのセールを開催し、そのときにも同じようなことがあったとされています。77%オフにしては高くない!?という指摘から発覚したみたいですが。

今回は楽天の社員がお店に指導というか、アドバイスみたいなのをして、それで今回の事態が起きたらしいですね。要するに他の店なら1000円で買えるものが今回のお店の場合は2000円の50%オフの1000円で売っていたとか、そういうことでしょうか?お店ごとに同じ商品でも値段が違うということはよくあると思うんですが、それを例えばセールで割引して、他のお店と同等の価格にしてはいけないということなのでしょうか?

今回の楽天のやり方は景品表示法の有利誤認に抵触する可能性があるということで、明らかな問題行為といえるものではないみたいですが、このニュースを聞いて気持ち良い人はあまりいないかもしれません。最近、楽天は本当にいろいろな問題で世間の槍玉に挙がっています。やり方としては今回のはちょっと・・・。って感じもあるかもしれませんが、結局は価格の吊り上げ具合と割引率次第じゃないでしょうかね?

今回のやり方は「二重価格表示」と呼ばれているらしく、元々いくらの商品をいくらに吊り上げて、いくら割引していくらで売ったのか?それが明らかじゃないので、私はちょっと何とも言えません。問題なのはどういう指導の仕方をしたのか?分からないものの、今回の被害者は半ば強制された楽天市場に出店しているお店ですね。

昨年の日本一77%オフのセールでも、ほとんどそのセールは強制されたみたいですから。まあ、「嫌なら楽天から出てけ!」って楽天は言えますから、楽天の知名度によって、集客依存をしているお店にとっては従った方が得策だと考え、不本意ながら楽天の言いなりになっているのかもしれません。ブラック企業の構造と何だか似ている気がします。

こうやって、楽天の問題がありそうなやり方の事態が明らかになったから良いものの、今後楽天はどうなるのか?楽天が仮に衰退すると、楽天に出店しているお店にも売り上げなどで影響が出ますから、他のお店も楽天の経営方針には戦々恐々としているかもしれません。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム