トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活生の面接での回答がマニュアルだと批判されるが、その原因は面接官自身にある

就職活動でたまーに聞かれるのが面接官が学生の話に飽きているということです。それは自己PRとか、志望動機とかよくある質問で学生がほとんど同じようなことしか言わないから。というのがよく言われている理由です。しかし、意味が分かりませんね。同じことしか言わないのが分かってるのに、どうしてそんな質問をするのでしょうか?

少なくとも就職活動では、他の学生と同じことを言っちゃいけないルールというのは存在しません。というか、学生の心理からしたら、他の学生が言いそうなこと(面接のマニュアル本に載っていそうなこと)を言った方が安心感があるわけです。おまけに例えば、「学生時代頑張ったこと」を聞く場合がありますけど、大学生が力を入れるのなんて、勉強、アルバイト、サークルが大半です。

中には変わったことに力を入れている人もいますが、その人だって中には就職活動用に頑張ったことを作っている可能性だってあります。つまり、普通に考えたら大学生が頑張ることなんて被るのが当たり前であり、それは普通の人間なら予想ができることだと思います。

にもかかわらず、「同じことしか言わない」というのは意味が分かりません。同じことしか放さないのが嫌なら、そういう性質の質問をしなければ良いだけの話です。話の内容が被ることが当然予想できる質問をしておいて、「同じ話ばかりでつまらない」というのは、ちょっと無能過ぎやしませんか?人事の機嫌をとるように学生側が配慮しろとでも言いたいのでしょうか?

学生側の回答がテンプレ化、またはマニュアル化しているというのはある程度事実でしょう。しかし、その原因は面接官のする質問こそがテンプレ化しているに他ならないと思います。いわゆるよく聞かれる質問なんてのは学生側にも予想できる。そして、その答え方としてはネットで調べるにしろ、面接対策本に頼るにしろ、同じようなアドバイスをしていることが多いので、どうしても被りやすいです。

「出る杭は打たれる」と言いますが、就活ではイレギュラーははじかれやすいというのも学生側は重々承知でしょう。だからこそ、被りやすい回答を敢えて選んでいるという側面もあると思います。ですから、いくら面接官が学生の話がみんな同じでつまらないと言っても、その原因は面接官自身にあるという他ありません。話の内容を分散させたいなら、質問内容を分散させるべきです。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム