トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』に対する違和感のある批判

「脱社畜ブログ」で有名な日野瑛太郎氏が書いた「あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。」という本を私も気になっているので、ちょっと買ってみようかな?と今思っています。それで、とりあえずアマゾンのレビューを見てみました。レビューには結構多くの評価が詰っていて、賛否両論って感じでしたね。

ただ、そのレビューを見てみると、その中にいくつか共通して書かれていることに「ブログとほとんど同じことしか書かれていない」という記述があります。これは批判的なレビューに書かれており、結構多く見られます。私は正直言って、え!?ダメなの!?という印象を持ちました。仮にブログを同じような内容だったとして、それを本にしちゃダメなのか?と思います。

おそらくこういうことを書く人というのは、脱社畜ブログを読んでいる人でしょう。だからこそ、ブログと同じジャン?ということが書けるのだと思います。しかし、世の中の大半はこのブログを知らないと人ですよね?結局、ブログで自分の言いたい主張をしたとしても、それが伝わるのはごく少数なわけですよ。

ならば、その主張をもっと伝えるにはどうすれば良いか?ブログのアクセス数を増やすというのも1つの手ですが、別の媒体を用いるというのも1つの手でしょう。書籍という形はネットに馴染みがない方でも、手にとってくれる可能性があります。ネットをあまり使わない、ブログを日頃から全く読まない人にとっては本にしてあげることで、それを読んでくれて、自分の主張が伝わる可能性がありますね。

例えばユニクロが今までは店頭で洋服等を売っていたものをこれからは通販でも売るようにした。といったことを同じですよ。販路を拡大しているに等しいことだと思います。この場合、ユニクロに対して、「通販で売っているもの、店頭で売っているものをほとんど同じじゃん!?」という批判をするのでしょうか?

「ブログと書いてあることが同じ」というのはブログを読んでいる人だからこそ言えることであって、このブログを読んでいない人が世の中では圧倒的なはずですから、別にブログと同じことを書いていたとしても、新たに日野氏の主張がブログを読んでいない人に伝わるのであれば、別にブログと同じことを書いていても全く問題があるとは思えませんし、十分の意味のある行為です。特別批判されるようなことだとは思えないのです。

別に「ブログを読んでいて、それと同じ内容だったからつまらなかった」という感想を持つのは自由なんですが、「ブログの内容と同じだから」という理由で、公の場でダメだしをするのはかなり違和感があります。究極的にいえばこのような批判の仕方も自由なんでしょうけど。少なくとも私には批判の正当性を感じえません。実際、私がこれを購入するか?どうかはちょっとまだ分かりませんが、購入したらそのレビューとあわせて、このブログでも報告してみたいと思います。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム