トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ちきりん氏の言う「下から7割の人のための理科&算数教育」に私は賛成したい

ネットで有名なブロガーであるちきりん氏が「下から7割の人のための理科&算数教育」というタイトルで書いたブログに批判が各所から届いています。脱社畜ブログの日野瑛太郎氏もその1人で、彼は自身のブログで、その旨を書き綴っています。

そして、脱社畜ブログでは、同じく同エントリーを批判している「バッタもん日記」というブログの「ちきりん氏のお粗末な科学教育論」というエントリーを紹介しています。このエントリーと脱社畜ブログの批判内容はほぼ同じようなので、今回は「ちきりん氏のお粗末な科学教育論」の方を引用してみたいと思います。

まずはちきりん氏のブログを読んでほしいと思います。結構斬新なことが書いてありますから。私もざーっと読んでみました。しかし、私の場合はちきりん氏に概ね同意です。特にこれといって批判するような箇所はありません。ちきりん氏の言っていることは、特に理数系の分野において、今の教え方はダメだ!社会に出てから全然役に立たない!だから、もっと社会に出てから役に立つことを教えろ!といったことだと思います。

しかし、今回紹介した2人のブロガーはその内容を結構批判しているわけです。どこを批判しているのか?というと、

>清々しいまでの視野狭窄ですね。ちきりん氏は現在の人生において、中学校以降に教わった数学や理科が全く役に立っていないと固く信じているようですが、これは成人後に過去を振り返っているからこそ言えることです。後付けに過ぎません。子供の将来など誰にもわかりません。いつどこで何が役に立つかわからないからこそ、子供の内から色々なことを学校で学ぶ必要があるのです。子供は常に変化し続ける生き物です。大きく変化(成長)するからこそ子供なのです。今科学に興味がないからと言って、一生科学に興味がないままだと断定することはできません。子供の適性など誰にもわかりません。「どうせ理解できないから理科教育は必要最低限でいい」などと称して子供の可能性を狭めることはあってはならないことです。向上心や努力の否定にもつながりかねません。

この人の言っている通り、子供の時点で何が役に立つか?というのは分からないのは確かなものの、傾向として役に立たない可能性が高いというのは確かに言えると思うんですよ。っていうか、後付で何がダメなんでしょうか?子供の将来が誰にも分からないというのは子供1人1人を個別に見た場合でしょう。子供全体を考えたら、過去のデータから間違いなく将来の傾向が見えてくるわけです。

学校の教育はほとんどが個別に行うべきものではなく、集団的に行うものなのですから、将来にわたる子供全体の傾向が見えるのであれば、それに合わせて教育カリキュラムを組むのは非常に合理的といえると思います。過去のデータから世の中の人間は大半が文系なんですから。世の中の大半が文系というのは今も昔もほとんど変わっていない事実です。そういった理由から、客観的に見て、将来、学校で学んだことが自分にとって役に立たない可能性は相当高いとは言えると思います。

そして、役に立つか?分からないものを学ぶならば、確実に役に立ちそうなことを学んだ方が効率的とも言えるのではないでしょうか?例えば、ちきりん氏は生物の時間にはカエルの解剖を行う代わりに以下のことを教えるべきと言っています。

・命にかかわる病気になった時、治療方法をどう選べばよいのか

・妊娠のメカニズムと、不妊治療やその限界など

・副作用も指摘されてるワクチンを勧められたんだけど、摂取すべきかどうか、どう考えて決めればいいのか?

・太っちゃって、脂肪吸引に興味があるんだけど、大丈夫かな?


カエルの解剖を学んで将来の役に立てられる人がいないわけではありませんが、それは一体どれだけの人なのでしょう?少なくとも、ちきりん氏の挙げたものの方が将来かかわる人の割合は多いはずですし、子供の頃に得た知識がまだあるならば役立てられる人は多いはずです。

また、この人は「子供の可能性を狭めるな」という意味で、上記のような批判をしたようですが、子供の可能性を別に狭めていないと思うんですが。だって、学校で学べる時間は有限なんですから、その中でカリキュラムを組むわけです。すると、学ぶべきものがいくつもあっても、それは全部は学習はできない。

仮に世の中のすべての事柄を学べるのであれば、子供の可能性を考慮してそちらを選択すべきかと思いますが、そんなの無理です。時間が足りません。だからこそ、取捨選択をするわけです。結局、多くある中から何を学ぶか?の内容の違いであって、従来のカエルの解剖を学ぼうが、ちきりん氏の挙げた事柄を学ぼうが、子供の可能性は別に変わらないと思います。カエルの解剖を学べば子供の可能性は広がり、不妊治療について学んだら子供の可能性を狭めるというのは意味が分かりません。それにこの人の理論だと、不妊治療の代わりにカエルの解剖を学べば、不妊治療に対する可能性を狭めることになりますが、言っていることがおかしいですよね。

そして、さらに批判は続きます。

>借金額の計算をするには高校レベルの数学理論を理解している必要があります。例えば糖尿病の病気の治療法を考えるには、すい臓を中心としたホルモンによる血糖値の制御機構を理解する必要があります。そのためには、高校レベルの生物を履修するのがよさそうです。その切っ掛けとして「カエルの解剖」は良さそうですね。自分の目で内臓を見ることは大事です。妊娠のメカニズムを理解するには、高校の生物の発生を学ぶべきです。さらに恒常性についても学ぶと理解が深まることでしょう。塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜたら塩素ガスが発生して危険だということを理解するには、高校レベルの化学を習得している必要があります。その際には「リトマス紙で遊ぶ」という経験は大きな意味を持ちます。放射能の問題を理解するには高校レベルの化学・物理学を習得している必要があります。

ちきりん氏の言う「生活するために必要な科学知識」とは一体どのようなものなのでしょうか。「理屈を教えずに結論の知識だけ教えろ」ということでしょうか。それを世間では「付け焼刃」「張りぼて」「見せ掛け」と言います。「生活するために必要な科学知識」を習得する上での一番の近道は普通に理科を勉強することだと思います。


これはちきちん氏の意図から察するに見当外れな批判だと思います。ちきりん氏は将来への有用性という観点から、何を学ぶべきか?を選んだのでしょう。すると、例えば糖尿病の治療法を例に出せば、この人が言っている「すい臓を中心としたホルモンによる血糖値の制御機構」を学ぶ必要がどこにあるのでしょうか?糖尿病を防ぐ方法とか、治療方法、治療薬を学びさえすればそれで済むことではないでしょうか?

つまり、そのメカニズムをいくら学んだところでそれは医者以外の人、つまりちきりん氏のいう「下から7割の人」にとっては基本的に役立てようがほとんどないのです。医者以外になる人がほとんどなんですから、一般人が役立てられるものとして、糖尿病にはこういう薬が良いんだよ?といった、結論部分だけを知っていれば特に問題はないでしょう。それを「付け焼刃」と批判していますが、付け焼刃で何が悪いのでしょうか?その薬はどういうメカニズムで糖尿病に作用するのか?という科学的思考の部分やプロセスを学んだところで、糖尿病の治癒に影響は与えられないのです。少なくとも下から7割の一般人レベルでは。


批判はかなり難しい話まで進みます。

>「科学」や「科学的思考法」は様々な定義が考えられると思いますが、「なぜ」「どのように」を考えることが候補として挙げられると思います。台形の面積の計算方法を理解していない、理解しようとしない人間が「収支管理プログラムを作ったり、税金を計算したりする」ことなどできるのでしょうか。私は学生時代にSAS(Statistical Analysis System)という統計ソフトをほんの少しだけ使ったことがあります。その際には、自分でプログラムを書いてコンピュータに計算させる必要がありました。「なぜ」「どのように」を考えないと、プログラムなど全く書けはしません。「台形の面積の計算方法を教えること」は「数学的思考法を育てること」の一環だと理解できないのでしょうか。数学的思考法は、例え数学とは無縁の人生を送っていても何かと必要になる能力ですがね。

「インターネットで検索すればすぐわかるから学校で教える必要はない」とは、あまりに浅薄な言い草です。この理屈に従うと、学校で教えるべきことは何もありません。現在のインターネットでは、あらゆる分野の専門家が高度な知識を提供してくれていますので。もし「Wikipediaがあるから勉強する必要はない」と言われたらちきりん氏はどう反論するのでしょうか。


これも個人的には的外れかな?と思います。この人が言うように終始管理プログラムを作ること、税金を計算することに台形に面積を計算するための方法を理解している必要があるとしましょう。しかし、ちきりん氏が学校で台形の面積を教える必要がないといったのはインターネットで簡単に検索すれば出てくるからであって、学校で教えないかからといって、子供が台形の面積の求め方を理解できない、していないという前提ではないでしょう。家でぐぐれば出てくるのだから、そこで理解できますよね。あえて学校で教える必要はないということであって、台形の面積の求め方を理解しているという前提のはずです。

そして、「インターネットで検索すれば何でも出てくるのなら学校で教えることは何もないじゃないか!?」と言っていますが、私はその通りだと思います。何か、この人は学校で教えるものがないといけない前提に立っているみたいですが、その必要性はどこにあるのでしょうか?学校で何かしら教えないと何か不都合でも起きるのでしょうか?教えるものがなくなると困るんですか?少なくとも、勉強について指導すべきことはインターネットが代替してくれるのであれば、私は学校で勉強について触れる必要はそこまでないんじゃないか?と思います。

最初の方でも話しましたが、学校で過ごす時間というのは有限なので、その中で何を学ぶか?というのは重要です。その中で、少なくともカエルの解剖に代表されるような現行のカリキュラムを学ぶのならば、ちきりん氏の提案する内容を学んだ方が少なからず将来に役立てられる人の割合は多いはずです。また、別にカエル解剖を教えてくれるのは学校だけじゃないはずですし、独学で学ぶことも可能でしょう。ですから、カエルの解剖など、現行のカリキュラムの内容を学ばないことが別に子供の可能性を狭める行為だとは思いません。

学校で結論部分だけを教えないで、体系的な学習によって科学思考法、つまり物事の考え方を教えないと将来困る的な意味合いも見えるのですが、結局体系的な学習で科学的な思考法が身に付くか?どうかなんて分からないわけですよ。結論部分だけの知識が頭に入ったか?についてはテストをすれば分かるし、本人にも自覚できるはずです。科学的思考法が身に付いたかどうか?私も未だに分かりません(笑)それが学校で教えないと身に付かないものなのかも分かりません。

科学的思考なんていう、すっごい曖昧な概念を持ち出してそれがいかに大切か?を説いても、その科学的思考という概念自体がはっきりしないままでは、それが実際に役に立つものかどうか?すらも判断ができないはずです。科学的思考ができない人間はまともな人間になれないのでしょうか?ちきりん氏は、こういった知識がこういった場面で役立つという、現実的な場面に照らして有用性の根拠を示しているわけですが、そういった根拠の提示や証明が科学的思考ではなされていません。というか、概念自体が曖昧ですから難しいでしょう。にもかかわらず、科学的思考が大切とはいかに・・・?

例えば、以前現代文の学ぶ意味についてこのブログでも話しましたが、問題作成者の主観に依存しやすい科目の中で、いくら思考の仕方を学んだところで、それの何の意味があるのか?個人の思考方法や価値観の否定以外の何物でもないすっげー曖昧な科目という批判をしました。現代文は物事の論理的な考え方や思考方法を学べるらしいですが、私は必要ないと思っていますし、現代文がなければまともな論理的な考え方や思考方法ができないとは思えません。役に立つことが確実に証明できない科学的思考なんていう曖昧な概念より、確実に役に立つことが証明できる付け焼刃の知識の方が将来的に大きな価値になる可能性は高いのです。

経営学では「ジャストインタイム」という考え方があります。これは必要なモノを必要なとき(量)だけ揃えるという在庫圧縮のための考え方です。これに照らし合わせると、学校で将来何が役に立つか?分からないから、そのときに備えて体系的な学習をするということは、つまりどれだけ商品の需要があるが分からないから在庫を多めに用意しておくということです。しかし、結果的に全然需要がなかったのであれば、在庫はムダになってしまいます。そういうリスクもあるわけです。しかし、必要になる知識だけをその場その場でピンポイントに補うというのは、まさにジャストインタイムの考え方と似ていると思います。今はこの経営学の手法を取り入れている企業も多いはずですし、やっぱり合理的な経営手法なんだと思います。

子供の人生は有限であり、学校で過ごす時間もその中の一定の部分を占めています。ならば、将来に向けてより有用性が期待できるものを選ぶというのが合理的な考え方であり、優先すべきことだと思います。割合的に将来にわたってかかわりがより深いであろう、役に立てられる人が多いだろう事柄を学んだ方が学校で過ごす時間としてムダになってしまう部分は減るんじゃないか?ということです。将来への有用性を第一に考えるならば、私はちきりん氏の言うことに概ね賛成します。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム