トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「家事労働に賃金を!」と言うけど、専業主婦は賃金貰ってないの?

専業主婦の人たちは世の中に大勢いて、その人たちの多くが思っていることなのか?は定かではないのですが、「家事労働に賃金を」ということがよく言われています。これは専業主婦の方たちが行っている家事労働は給料が支払われないということを以って、それはおかしいのではないか?という声だと思います。

実際、家事労働を賃金に換算したら年収800万円という意見もあります。こういう評価が妥当なのか?私は凄い疑問です。換算の仕方が適切なのか?ということもいえますが、要するに行っている仕事の内容とか、時間を考慮したら一般的には800万円くらいは稼げるだろう。ということなのでしょう。でも、その仕事って、現実的にはないわけですよね。

換算するということは現実的にない仕事を、あるかのように装うとうことになります。現実的にありえない仕事を年収800万円と言われても、うーん・・・。という感じです。1番近いのはハウスクリーニングとか、家事代行とかなんでしょうけど、こういう人たちの年収は分かりませんが、仮に世の中の専業主婦がこの業界に参戦したら、どうなるのか?間違いなく賃金は減るでしょう。専業主婦の人は全国に相当数いるはず。彼女らが全員この業界に参戦してきたら、飽和状態で間違いなく賃金ががくっと下がるでしょう。ですから、結局年収800万円は無理なんじゃないか?と思います。

また、専業主婦の方だけがよく話題になりますが、例えば、ニートの人たちが家にこもって動画を作ってそれをニコニコ動画とかにアップするということも行われているようです。これだって、基本的にはニート本人はお金は貰ってません。しかし、多くの人たちをエンターテイメントで楽しませている(人もいる)のならば、専業主婦がこういう主張になるなら、彼らにも賃金を!となるのではないでしょうか?

また、専業主婦の方の話しに戻りますが、家事労働に賃金を!といっても、そもそもその賃金を払うべきなのは誰なのでしょうか?家事労働による恩恵を受けているのは家族ですよね。子供とか、夫になると思います。子供に金払えは無理だとして、じゃあ夫が払うしかありません。しかし、私はもう夫は払っているのでは?と思います。つまり、家事労働をしている専業主婦の方は収入が0にもかかわらず、どうして生活できているのでしょうか?それは夫が稼いだ給料を使って、食事をしたり、洋服を買ったりしているからでしょう。

直接、「給料」という形で支給はされていませんが、私は給料を貰って生活しているに等しいのではないか?と思います。家族に対して貢献してくれているから、夫の給料の一部を自分が生きるために使えていると見るのが自然な気がします。ですから、家事労働に賃金を!と叫んではいますが、賃金はもはや支払われているに等しい気がするのです。そういう曖昧な状態が嫌なら、共働きで働きに出て育児や家事はべジーシッターの人とか、ハウスクリーニングの人に任せれば良いんじゃないか?と思います。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム