トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就職活動で英語力が重視されると聞くけど、そんなに英語が話せる力って必要?

就職活動では、英語ができると有利!という声を少なからず聞きます。だから、学生時代だからTOEICの高スコアをとることに邁進する学生が後を絶たず、私も1度だけ大学生のときに受けたのですが。実際、英語力がある程度重視されるというか、英語力を客観的に示す資格を持っていた方が、または帰国子女とか英語が話せるという客観的な人物の方が面接、書類選考などで有利になるというのはあるかもしれません。

しかし、帰国子女はともかく、例えばTOEICの○○○点とか、英検○級とか持っている学生をどうやって評価するのでしょうか?帰国子女は高確率で英語がペラペラというのはなんとなく分かる。ただ、こういった資格を持っているだけでは、一体どの程度英語の力があるのか?客観的には把握できても実質が分からないのです。

例えば、私は英検2級を一応持っているわけですが、もうずっと英語は勉強していない。だから、今英検受けたら3級も受からない自信があります(笑)また、TOEICも含めて、こういった資格はその場しのぎのテクニックや知識である程度点数を伸ばせるものであり、それがじゃあ実際の現場で生かせる英語力につながるのか?というと、甚だ疑問です。

したがって、実際の面接で英語がとても流暢に話せる社員を連れてきて、その人と会話させるとか、そういったことでもしなければ真の英語力は把握できない。むしろ、企業が本当に英語力を重視するなら、それくらいのことはしないとダメなんじゃないか?と思います。

また、今までの話を覆すことかもしれませんが、英語が堪能な学生が企業にとって必要なのか?ということもあります。今は中小企業でも海外進出するケースも多々あり、海外で勤務をする社員が必要なのは分かります。ただ、そういった社員を新卒で採る必要があるのか?とも思います。企業によるかもしれませんが、海外勤務する人なんて全社員のうちの一部だし、新卒で入社してくる社員に英語力を求めるほど多くの人材が必要なんでしょうか?

そりゃ、新卒で入社してくる学生が全て英語が話せる人を厳選して採用しているわけではないでしょう。ですから、英語が話せればマシくらいにしか思っていないかもしれません。でも、これまでの話を総合すると、就職活動の場で海外勤務で生かせるような真の英語力を見極める試みはほとんど行われていない。そして、海外勤務を経験するのは社内の中のごくわずか。ということを考慮すると、海外勤務は別に新卒社員じゃなくて、英語を話せる人を中途採用で採って、その社員に任せれば良いのではないか?と思います。

実際、日本にある企業のうちのどれくらいの企業が英語力を重視しているのか?はっきり言うと分かりません。想像すると、結構多いんじゃないか?と思うということです。実は英語力なんてものは都市伝説で、ほとんどの企業が大して考慮していないという事態もありえます。

確実に言えるのは英語がどれだけ話せても、いわゆるコミュニケーション能力がないと学生はその時点でバッサリ斬られるのが今の就職活動なんでしょう。コミュニケーション能力を上げるなんてのはかなり難しいですから、英語力を上げることに奔走する学生が多いのかもしれませんが。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム