トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「サービス残業」という違法な労働が招いた今の社会の風潮

サービス残業は一向に無くなっていない。らしい。らしいと書いたのはその実態は何とも把握しがたいからです。表立っているものだけではなく、実態が明らかになっていないものの、サービス残業を社員に強いる会社は後を絶たないでしょう。

サービス残業はあくまでも違法な労働の形態なのですが、それを平気でやる企業は多いようですね。違法なのだから従う必要も本来はないのだけれど、従う社員ばかり。というか、従わざるを得ない環境はどうしてもあるようで。

まずは職場の雰囲気でしょうか。多くの社員が仕方なくサービス残業を行っているのに自分だけ、給料を請求するという勇気がない。恐い。周りからどう思われるのか?絶対に好ましくは思われないでしょう。「あの人が言うなら、じゃあオレも!」となってくれれば良いのでしょうけどね。周囲の目を気にするあまり、サービス残業を受けて入れてしまうのです。

そして、サービス残業をしたら会社が潰れるということもあるでしょう。実際、サービス残業代を払ったら会社が潰れたという報告もあるようで、これは本当に笑い話ではないようです。これが可能性としてあるのであれば、労働者としてもなかなか請求できません。

再就職を目指さないといけない。なんてことを考えたら一応生活していけるだけの給料は貰えれば、サービス残業くらい!と思ってしまう人が多いのではないでしょうか?こういった実態があるから本来は潰れている零細企業が生き残っているのでしょう。

零細企業が生き残っているから、その分労働者の受け入れ先は多くなっている。しかし、そこで行われているのは違法な労働であり、それを告発したりする人は少ない。だから、社会全体には本来よりも異常に低くなっている失業率だけが残り、ある程度みんな無事に働けているのだから良いんじゃない?なんて風潮が定着しやすいのです。

それは違法な労働で得られた低い失業率なのだから、本来であれば潰れている企業に雇われている人の分を含めたら失業率はもっと高いはずでしょう。しかし、失業率は社会問題になるほどの数字にはならないから実際にも社会問題にはならないのです。

違法な労働を全部無くせば失業率はもっと上がるでしょう。違法な労働が行われているせいで、今の日本のおかしな労働事情それ自体が見えづらくなってきているのです。一部の人はちゃんと認識できているでしょうけど、多くの人は日常において今の労働環境のおかしさを考えるきっかけすらないのではないでしょうか?

ある意味、違法な労働に気付いていてもそれが根付いてしまって当たり前になってしまったせいもあり、それが当然のように労働者自身も、社会全体も感じてしまっているのかもしれません。一種の会社の労働者に対する洗脳がよく効いているのでしょうね。労働者1人1人に対する洗脳が社会全体へと拡散されてている状態なのかもしれません。慣れって本当に恐いですね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム