トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ぼっちで楽しく生きられるのが最高の人生?人とかかわることは良いことばかりではない

>夏休みシーズン真っ只中、家族や友人と海に山にと繰り出す人も多いだろう。一方で、誰とも交わらず「ぼっち」を通す人も珍しくはない。

7月初め、ガールズちゃんねるに「ぼっちって何がいけないの?」というトピックが立っていた。トピ主は1人でいたところ、友人から「ぼっちは辛いよ~」と言われ、疑問を持ったらしい。

「私にとって、ぼっちは本当に楽です。ぼっちで何がいけないのでしょうか?」

と問いかけていた。
「無理に合わせるなら、ぼっちの方が100倍マシ」

ぼっち、イヤですか?

実生活で友だちのいない人を「ぼっち」という。見下したような意味合いと、自分を自虐的にキャラ化するときに使う場合があるが、あまりいい響きではない。しかし結論から言えば、自分が好きで1人で居るなら、ぼっちで悪いことは何もない。

スレッドには早速、こんなぼっち上等の人々からレスコメントが入っている。

「誰とも関わらずに生きれたらこんな幸せはない」
「気が合わない人と無理に合わせるなら、ぼっちの方が私は100倍マシ」

「辛くない 楽な事の方が多い」とする人が圧倒多数だ。そもそも「ぼっち」の人は、人付き合いができるできないは別として、相手に気を使い過ぎて疲れたり、何故だか集団に馴染みにくかったりする傾向にある。初めから1人で行動したほうがいいと考えてもおかしくない。

中には、「友達と一緒じゃないと何もできない人の方が遥かに駄目だと思う」と鋭く切り込む人もいて、筆者も同感だ。たとえ仲が良い者同士であっても、自分がやりたくないことまで一緒にしなくてはならないのはしんどいし、誰かと一緒でなくては何もできないようでは不自由だ。



これは「「ぼっちの何がいけないの?」問いかけに「なにも悪くない」「一緒じゃないと何もできない方が駄目」という指摘も」からの引用だが、いわゆる友達がいないことはマイナス視される風潮もあるが、それは友達がいない人は少数派だから、変わっているという目で見られるということも関係しているでしょう。私は高校生までは普通に友達いたし、大学生になってからは友達はいたが、そんなに頻繁に会うって感じではなかった。高校までは仲の良い人と毎回同じ授業を受けるが、大学はそうじゃないから、友達がいても必然的に会わない機会が増える。でも、そういう状況を私は問題とは思っていなかったし、苦痛でもなかった。たまに会うくらいがちょうどよかったのかもしれない。だから、大学ではぼっち飯とかも結構ありましたよ。

ぼっち飯をやっていても全然気にならなかったですね。友達と一緒に食べる機会もあったけど、全体の半分くらいかな?そうなると、半分はぼっち飯をしていたことになる。それが結構普通みたいな感じで、大学を卒業してからは益々人と会う機会は減った。というか、フリーランスで仕事しているせいか、同僚とか、上司はいないし、基本的に家の中にいる機会が多いので、家族以外と会話をすることはあまりない。その生活が数年続いているけど、別に苦痛もないし、ストレスも感じづらいし、良いと思っている。

人と関わることっていうのはプラスの面もあるけど、マイナスの面もありますよね。人とかかわるということはいろいろなリスクがある。人は人を殺す可能性があるから、人とかかわってしまったことで最悪殺される可能性もあるし、そこまではいかないまでもいろいろと嫌なことを言われたりということがあります。社会人になって仕事をしていると、そういう状況は顕著ですよね。その結果、病んだり、自殺したりなんてこともある。人とかかわらなければ、ぼっちの生活ができたならば、そういうことにならなかったのに。という人は多くいると思いますよ。

だから、引用文にも書いてあるけど、人と一切かかわらないで楽しく生きられるならば、それが1番なのかもしれない。つまり、ぼっちって言うのは、場合によっては友達がそれなりにいる生き方よりも上位にくる生き方なのかもしれないのです。ぼっちも慣れだと思っています。その生活に慣れると、本人にとっては苦痛などない。ただ、平穏な毎日が続いていくような感覚なのではないでしょうか?私はそんな感じですね。Facebookとか見ると、かつての友達が大人数ですごい楽しそうに過ごしているのを見ることがあるけど、それを見て羨ましいとか思わないですもん。逆にその輪の中で生活するのって大変そう・・・とも思う部分があるくらいですから。ぼっちの合理性に気付けた人は、なんやかんやで楽しく生きられる可能性もあると思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム