トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

同一労働同一賃金を妨げる企業から見たときの非正規と正社員の差とは?

>“同一労働同一賃金”について聞くと、非正規で働く人の79%は「賛成」と答えている。最も賛成が多かったのは「契約社員」(83%)で、以降「派遣社員」(80%)、「パート・アルバイト」(75%)と続く。正社員においても「賛成」が69%となり、雇用形態に関わらず関心が寄せられていることがわかった。

実際、非正規で働く人の約半数は「まわりに自分のしている仕事と同じ業務量、仕事内容で仕事をしている『正社員』はいる」(49%)と感じているようだ。中でも「契約社員」(62%)はその割合が高く、「派遣社員」(47%)、「パート・アルバイト」(45%)は少し低かった。

「いる」と答えた人に、同じ業務量・仕事内容をしている「正社員」との”年収差”を聞くと「50万円以上」差があると回答した人が約半数の46%、「100万円以上」も34%にのぼることが分かった。

最も多かったのは「10万円未満」(27%)だが、次いで「100~200万円未満」(22%)が多かった。また「200~500万円未満」(10%)、「500万円以上」(2%)と回答した人もいる。
「業務の責任を負う」「研修などにも参加」は6割が許容

同一労働同一賃金に期待するものは?

同一労働同一賃金について期待していることを聞くと「雇用形態による給与の差がなくなること」(74%)、「雇用形態による福利厚生の差がなくなること」(54%)など”雇用形態”の違いにより発生する差を解消してほしい、という声が上位にあがった。


これは「非正規の8割「同一労働同一賃金」に賛成 約半数は「正社員と同じ仕事」をしている状態」の記事からの引用したものになるが、意外と同一労働同一賃金に関しては、非正規の人の賛成が少なくて、正社員の人の賛成が多いなという印象です。私は同一賃金同一労働はあまり賛成ではない。反対というわけでもないんだけど、企業からすると、基本的に同一賃金同一労働は受け入れがたい理由が存在していると思うのです。そこを考慮すると、私は賛成はできないのです。そもそも非正規の人と正社員の違いとは何か?というと、いろいろあるんだけど、1つはどれだけ長く1つの会社で働くか?という部分がある。

2ちゃんねる元管理人の西村博之氏によると、企業が正社員を雇うメリットの1つに長く働いてもらうことで社員を育てられるということがあるのです。正社員は終身雇用が前提だったときもあるし、長く同じ会社で働くことが前提なわけだが、非正規社員はそうではない。会社をいろいろと変える、変えざるを得ない人が多いのでしょう。現代では正社員も辞める人は結構いるんだけど、それは非正規社員の方が顕著であると。だから、企業は非正規社員を育てようとしない。育てても長くは会社にいないリスクが高いから。

というのが、西村博之氏の考える正社員を企業が雇うことのメリットになると。そうなると、当然ながらより長く同じ会社で働いているので、技術とか、経験の蓄積とかが正社員の方が上なわけですよね。したがって、同じ仕事をしていても、全く同じ成果にはならないなずなのです。さらに言うと、企業としてはある仕事を、例えば10年間で3人の人にやってもらう場合と1人の人にやってもらう場合では後者の方が基本的に良いわけです。それは教育コストなどがかからないから。1人の場合は教育コストが1人分で済むが、3人の場合には3人分かかると。だから、そういった面でも途中で人が変わりやすい非正規社員よりは正社員の方が都合が良いわけですよね。

つまり、全く同じ仕事をしているとしても、非正規と正社員では企業から見たときの貢献度合いが違うということになってしまうのです。これは全体から見た場合であって、個別のケースではもちろん非正規の人でも長く同じ会社で働いていたり、企業への貢献度が大きいと言える場合もあるでしょう。しかし、全体から見たときにはそういう差が生まれるため、結果的に正社員の方により多くの給料を払うことが致し方ない部分もあると思います。あとは長く働く前提の正社員は給料を高くて、本当に長く働いてもらおうと策を講じるわけだが、非正規の人はそうじゃない人が相対的に多くを占めるため、その分の給料の上乗せをする必要がないと、企業が考えている可能性もあります。もちろん、非正規の人だって同じ会社で長く働きたいと思っている人はいるはずなのですが、全体の傾向としてはそういう状況になっているということなのです。

企業が女性を雇うときに慎重になる理由や男性と比べて給料が少ない理由も多分同じでしょう。男性と比べて長く働いてくれる人の割合が低いからです。だから、女性を雇うときには企業は慎重になるし、仮に雇っても男性と比べて給料が低い場合もあると。このケースでは仕事内容そのものが違うケースも多々あると思いますが。つまり、非正規社員はその制度上、同じ会社で長く働きづらい、同じ会社で長く働く人が少ないという面もあるのだが、その部分を法律によって改善しない限り、企業から見たときに同じ貢献度には見えない部分が少なからずある気がするのです。極端な例を挙げると、自分の結婚式をやるときに、司会をしてくれる人を決めるときに、こういった場の経験が非常に豊富な人と今回が初めての人への依頼料が全く同じだったら、え?って思いません?そういうことだと思うのです。

だから、同一賃金同一労働を実現するには、非正規社員を正社員同様に、期間を定めないで雇用するような状況を作らないと厳しい気がします。正社員と非正規社員のしている仕事が同じでも、過去からの積み重ねの部分が違うとなれば、同じ仕事をしていても同じ成果にならないということになってしまいます。だから、そこを改善して同じ仕事か?どうかだけではなく、その同じ仕事に取り組む際に必要な技術や経験についても同じだと見込まれるような状況を作ることが大切だと思うのです。正社員同様に長く働いている非正規の人という例は現状でもあるのかもしれないが、恐らく有期雇用の方が多いと思うので、その部分からまずは変えるべきで、同一賃金同一労働の実現はその後な気がします。つまり、同じ仕事をしているだけではなく、長期的に見た場合に貢献度というか、企業にとっての魅力に関しても同じと言えるような状況が必要だと思うのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム