トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

財務専門官の面接の内容や流れは?聞かれることや倍率、時間などの情報について

財務専門官の面接は流れなどはどうなっているのか?は事前に確認しておくと良いでしょう。財務専門官の面接は1人ずつの面接になりますが、会場に集まってからは事前に面接の説明を受けて、そのうえで数人ずつ移動をするみたいです。そこから1人ずつ呼ばれての面接になります。財務専門官の面接の流れは簡単に言うとこういった感じですが、今後変更になることもあるかもしれません。財務専門官の面接の内容はざっというと、他の国家専門職とあまり変わらない気がします。

質問事項は違いますが、質問される方向性はあまり変わらない気がするのです。財務専門官の面接では面接カードを使って行われますけど、聞かれることの方向性は他の国家専門職と大差ないと思うのです。結局は仕事内容への理解と辞めないで続けられる人材か?どうかというポイントが大きいと思います。財務専門官の面接カードの内容は検索をすれば出てくると思うので、見てほしいと思いますが、面接カードの内容がとりあえず中心になるでしょう。

そのうえで財務専門官の面接で聞かれることというのは上記で挙げたものを見極められる質問が多いと思います。財務専門官の面接の内容はそういう部分を見定めるために、いろいろな角度から質問攻めにするのではないでしょうか?財務専門官の面接では仕事内容への理解というのは当然に見られていると思います。というのも、財務専門官の仕事内容というのは、一般的にあまり知られていません。だから、調べれば分かるものではありますが、上辺しか知らない受験生というのがいるはずで、面接ではそこを見ようとしている可能性があるのです。上辺しか知らないと、本当に大変さ、きつさを知らないで財務専門官になられても困ると思われて、評価が下がるということがあるのでしょう。

そして、財務専門官の仕事内容をよく知らない人は現実とのギャップに苦しんですぐに辞めるのではないか?という想像も働きます。そういった理由があるので、財務専門官の面接で聞かれることというのはそういった内容が中心になるというか、そこを見極められる質問をされる可能性が高いと思うのです。財務専門官の面接の流れや内容は事前に知っておいてほしいですが、そもそも面接官が見ようとしている部分を考えて対策をしていくことも重要でしょう。そのうえで財務専門官の面接の倍率はどのくらいなのか?についても知っておいてほしいと思います。

財務専門官の面接の倍率は2倍弱くらいになると思います。正確な数字は出ていないものの、一次試験合格者数と最終合格者数の人数を比べると、このくらいの倍率になると思うのです。財務専門官の面接の倍率はさほど高くないですから、しっかりと対策をすることで合格可能性は結構あると言えると思います。ただ、倍率が高くないからといって油断はしないようにしましょう。ちなみに財務専門官の面接の時間は15分程度と言われていますが、人によって多少長くなることもあります。

財務専門官の面接の時間はそういった感じですが、面接官は3人程度いるようなので、結構質問攻めに遭う可能性もありますから、しっかりと二次試験の対策はしておきましょう。財務専門官の面接では聞かれることなどはある程度予想ができるかもしれません。特に面接カードに書いてある内容から質問を想定することはできなくはないですが、面接カード以外からも聞かれますから、これは予備校の過去の受験生の面接体験談とかを見させてもらうとか、インターネットで調べるとか、していく必要があると思います。しっかりと二次試験の対策をして、万全の状態で本番に挑みましょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム