トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

学校でも何でも良いけど、子供の頃から経営論やビジネスについて学ぶ機会を作ったらどうだろうか?

>5日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターの堀江貴文氏が、日本の教育制度に対して持論を展開した。

番組では「新聞ベスト8」のコーナーで、「“こども保険”自民が検討」と題し、東京新聞の記事を取り上げた。記事によると、子育て支援の財源確保のため、厚生年金や国民年金保険料に上乗せして徴収する仕組みを、自民党が検討をしているという。

番組MCの原田龍二は、この記事に絡めて「大学の授業料無償化」について、堀江氏にコメントを求めた。

堀江氏は「そもそも大学はコスパが悪い」とし、政策を実施するのはそういったムダをなくしてからだと指摘。さらに、教育制度についても「そもそも、先進国の教育制度って今の時代に合わなくなってきている」「平均的な子どもを生産しても、なんの意味もない」と指摘し、個人に合った教育が必要な時代だと主張する。

堀江氏によると、例えば走るのが得意な子供には、走る能力を伸ばすべきであり、勉強が苦手な子供に、無理やり勉強をやらせても意味がないというのだ。

勉強や教育はオンラインで十分可能だという堀江氏に対して原田が「オンラインだと先生に怒られたりしない」とし、集中できない人も増えるのではないかと危惧する。

しかし堀江氏は「いいんですよそれで」「嫌なことをやらなきゃいけなかった時代はこれまで」と、自分にあった生き方が選択できる世の中になってきていると主張。



これは「堀江貴文氏が現在の教育制度に物申す「今の時代に合わなくなってきてる」」の記事からの引用ですが、ホリエモンの言う、得意なことを教えていくような、個別の生徒や児童に配慮した教育というのは理念としては賛成だが、問題はそれをやるならば、私は学校というシステム自体が合っていない気がする。例えば、いわゆる勉強が得意な子供は学校に通うのが良いかもしれないが、スポーツが得意な子供は学校以外でそれを伸ばした方が良いと思う。だから、どこまでが教育の範疇なのか?もよく分からないですけど、学校に通う、通わないの選択が当たり前にできる、そういう意識に多くがなるような社会が実現しないと、ホリエモンの言うような状況は生まれないのではないか?と思います。

原田氏の言うような、集中できない子供がいるのではないか?という意見については、勉強が集中できないってことは、勉強に向いていないか、勉強がそもそも好きじゃない子だから、無理矢理やらせても意味ないと思うんですよ。だから、そういう子に相変わらず勉強をさせるのが今の教育だが、そういう子を違うものに集中させていくべきとするのがホリエモンの教育論なのでしょう。スポーツはオンラインでは厳しいかもしれないけど、勉強は大部分がオンラインでできると思います。

あと、学校が教えることの範囲をもっと広げた方が良いと思う。学生のうちから起業する人がいるわけだからさ、小学生の頃から経営論とかを学んでも良いと思うんですけどね。実際、経営に関して初めて学ぶ機会が学校であるとすれば、大学でしょう。つまり、19歳くらいにならないとそういう機会がない。自分で独学で学ぶこともできなくはないですが、そういう発想にならないんですよね。子供の頃というのは。だから、大人が与えてやった方が良いと思うのです。

子供の頃から経営について、または雇用される以外のビジネスについて学ぶ機会があれば、人生が変わる可能性は結構あると思います。サラリーマンを目指す人が減り、サラリーマンになる人が減るわけです。サラリーマンにならないで個人でビジネスをやったり、会社を興したりして成功する人もいれば、それはそれで良い結果と言えると思いますし、サラリーマンになった人に関しても、サラリーマンになる人が減っている状況では競争相手が少ないので、サラリーマンになりやすいということも言えれば、求職者自体が少ないので、1つの求人に殺到する人の数が減るという意味では、労働環境の条件も良くなりやすいのです。メリット大きいと思うんですけどね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム