トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

消防車でうどん屋に立ち寄るのは禁止という申し合わせはそんなに必要なのかな?

>愛知県一宮市で、消防車で飲食店に立ち寄った消防団員7人を同市の消防本部が注意したことを受け、ネットでは賛否が分かれている。その多くは「いいじゃんそれくらい」と、消防団の行動を擁護する声だ。
「消防活動以外で消防車を使用しない」という申し合わせに違反したため注意

街を守っていただいてありがとうございます

4月26日付の中日新聞の報道によれば、業務の間にうどん店の駐車場に止まっていた消防車を見つけた市民が「おかしくないか」と市の消防本部に指摘。「消防車で飲食店に乗り付けるのは非常識」と判断した本部が、分団長に口頭注意をしたという。

これを知ったネットユーザーからは

「世知辛い世の中だわ」
「サイレン鳴らしてないならええやろ」
「それくらい大目に見てやれよ…」

などの声が挙がっている。消防団員だってお腹は減る。消防車でちょっと食事に寄ったぐらいで、とやかく言うのはやりすぎではないのか、と感じた人が多いようだ。

こうした声について、一宮市の消防本部は「そのような声があることは把握しております」と受け止めた上で、対応の理由を語った。

「今回は『消防活動以外で消防車を使用しない』という申し合わせに反したため、注意しました」

移動途中の昼食にまで、申し合わせを適用する必要はあるのか?

元々、市の消防本部と消防団は、業務外での消防車の使用をしないと約束していた。飲食店などに消防車が駐車しているのを見た市民が「災害が起きたのでは」「消防団員がお酒を飲んでいるのでは」などと不安に思うのを防ぐためだという。「かなり昔からあるので、いつからこうした申し合わせあったかは分からない」と言うほど、古くから根付いていたようだ。

消防団は通常、業務が終わると車庫に戻り、その段階で昼食を取るという。今回は車庫に戻る前、消防業務中でない時間に消防車を使ったため、業務外の利用と判断したそうだ。ちなみに、制服のまま店内に入ること自体は禁止されていないと言う。


これはネットのニュースでも話題になった出来事で、「「消防車でうどん店に立ち寄った」 消防団員への指導に「世知辛い世の中」という声相次ぐ」から引用したものになりますが、個人的には消防車がうどん屋に立ち寄っても良いと思いますけどね。記事には「災害が起きたのではないか?という不安を煽る」とか、「酒を飲んでいると思われる」とか、そういうのが消防車で消防活動以外で使ってはいけない理由になっているようだが、これが理由ならば、大して問題ではないと思うんですよね。

災害が起きたのではないか?と思われるということに関しては、普段からそういう光景がないからこそそういう不安を生むというだけの話であって、それは消防車を消防活動以外で使うことを禁止しているからこそ生まれる不安じゃないですか?禁止していなくて、普段からそういう光景が至るところで見られれば、別にうどん屋に消防車が停まっていても、別に災害が起きたのか?なんて思わないんじゃないですかね?私は今ですらそういった不安は覚えないですけど。だから、災害が起きたと不安がらせるから。というのは消防車を消防活動以外で禁止する理由にはならないと思いますし、むしろ消防活動以外で消防車を使うことがあり、飲食店などに立ち寄る可能性があることを住民に周知させたうえで、使用を認めた方が合理的だと思いますけどね。

そして、酒を飲んでいるかもしれないという部分に関しては、飲食店に立ち寄る=酒を飲んでいるという発想になりますかね?私はまったくならないんですけど。昼間からうどん屋に入っても酒を飲むイメージは持てないですし、仮に居酒屋に入ったとしても、それは消防車を使って入るか?どうかが問題ではない気がします。居酒屋などのお店に入るのを禁止すれば良いんじゃないですかね?

こういった感じで、このニュースに関しては個人的には消防車の使用を禁止までする理由はあまり見当たらないなという感じがしますが、人によって感じ方は違うのでしょう。消防車をどう使うべきか?というのは、何とも言えないところがあると思いますし、これは私の1つの意見に過ぎませんが、私用で使ったとかならばともかく、昼食というのは業務上絶対に必要なものなので、業務の一環として認めてあげても良いのではないか?と思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム