トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就職しやすいのは大学と専門学校ではどっち?←これを考えることが意味ない時代がきそう

>大学進学率が5割を超えた今、大卒だから優秀とは限らない、むしろ高い学費を負担して「とりあえず」大学に行く意味があるのか――。数年前からよく話題になることですが、その他の選択肢として専門学校で手に職をつけたほうが、誰でもはいれるFランクの大卒よりもいいのでは、と考え悩む人もいるでしょう。

そんな中、ガールズちゃんねるに、「専門学校か大学に進学するか迷っています」というトピックを見つけました。トピ主は高校3年生。なりたい職種や学びたいことはあるものの、「考えがコロコロ変わる・飽き性なため、後で後悔するのでは」と、なかなか決められずにいます。(文:篠原みつき)

「気に入った会社が見つかっても、条件が『大卒』で何度断念したか…」

大きな選択だけに、迷います

今のところバリスタの資格をとりたいのと、接客業が好きで周りからも向いていると言われるため、製菓系か語学系(韓国語と中国語を独学で勉強している)の専門学校、または大学(学力的に私立)を考えているとのこと。学費、将来性などを踏まえたアドバイスを求めていました。

製菓系と語学系では全然違いますが…やはりレスの回答は「大学に行けるならそっちのほうがいいと思う」と、大学推しが大半を占めています。

「専門学校へ行っても、その道に進むとは限らないよ。なら大学へ行って幅広く学んでみては?」
「調理師だとか、絶対これ!ってものがないなら大学がいいよ。職種によっては給料全然違うよ」

また、専門学校を出た人が、「大学にすれば良かったとずっと後悔している」と嘆きます。

「転職するときに気に入った会社が見つかっても、条件が『大卒』で何度断念したか…。社会に出てみればわかるよ」

大卒の学歴は学校のランクによって軽視される傾向もありますが、まだまだ世の中を渡る上で強みになることが多いようです。
否定する声に「Fランも大卒って肩書きはもらえるんですよ」

では専門学校が全くダメかというと、そんなことはありません。レスには「ほんとうに厳しい」「ついていけなくて中退する人もいる」という声もあります。専門的な知識を叩き込む、資格を取ることに特化した学校を舐めてかかってはいけないでしょう。

なかには、「とりあえず大学に行ったけれど専門にしておけば良かった」という人や、大学を中退して学びたい分野の専門学校に入り直し、就職が決まりやすかったと成功談を書く人もいます。やりたいことがはっきりしている人には、良い専門学校は有効な選択肢のようです。

それでも、高卒や専門学校卒より大卒のほうがいいという意見には根強いものがあります。「地方で無名の私立大学だけは意味ない」という批判にも、

「Fランも大卒って肩書きはもらえるんですよ。今の世の中大卒って肩書きがあるとないとじゃ選択肢が数倍変わります」
「ゴミみたいな誰も知らないような大学を出たけど、それでも専門卒の子達より給料良いよ」

と反論がすぐに入ります。



専門学校か大学か?進路に迷う女子高生に「大学がいい」の声相次ぐ 「Fランも大卒って肩書きはもらえる」とはいうけれど」の記事からの引用で、高校生はこういった大学か?専門学校か?で結構悩むんですね。私は卒業後のことなんて一切考えないで大学を選びました。私は大卒になったからといって就職に有利とは思っていませんでしたし。結局、個人の資質がどう評価されるのか?の方がよっぽど大切で、個人が評価される人が大卒であればなお良い、有名大学卒であればなお良いというだけであって、それは一定以上のスキルや能力を持っていると評価される人たち限定の話じゃないか?と思うのです。

一定以上のスキルとか能力というのはすごい曖昧な表現になってしまうけど、そこまでのレベルに達していないと学歴がどうだっていうのはあまり関係ないと思うんですよね。だから、それこそ東大出身でも就職できない人は普通にいますよ。大学と専門学校どっちに行くか?こだわる人に関して言うならば、自分がそのレベルにまで達していなければ、どっちに行っても変わらない気がするのです。専門学校卒でも、大卒でも面接でこりゃダメだと思われたら採用されないわけですから。私がいい例かもしれませんけどね。私は大卒ですが、いくつか就職面接受けましたけど、全部落ちましたし、受かる気はしませんでした。大学と専門学校で迷う前にそこを部分、自分という人間性が果たして会社からどう評価されそうか?見極める、予想するのが重要ではないでしょうか?

さらに言うと、そもそも就職するということ自体が長期的な目線で考えると最善の選択とはあまり思えないのです。恐らくですけど、日本では10年くらいを目途にベーシックインカムが導入される気がします。日本の雇用や労働環境というのはそれくらいに劇的に変化すると思います。経済学者などの予想では、一般的なサラリーマンの平均年収はどんどん下がり続けます。だから、正社員なのにワーキングプアみたいな人は増え続けるでしょうし、失業率や非正規雇用の割合もどんどん増えると思います。

つまり、正社員になれても正社員のメリットを感じられるような社会じゃなくなる可能性が高いのです。そして、生活は問題なくしていけるようにベーシックインカムは導入される方向になるでしょう。だから、正社員の旨味がほとんどなくなるという意味合いと正社員になれなくても生活は送れるという2つの意味で、就職のことを考える意味というのはどんどん少なくなっていく気がするのです。だから、収入を増やしたいならば雇われる方向ではきついと思います。だから、仕事のことを考えるならば、大学や専門学校のどっちにも行かず、その時間でビジネスについて自分で、またはセミナーなどに通って勉強して、起業を考えるのがいい気がするのです。今は元手がかからないようなリスクがほぼない起業も多くありますから。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム