トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

雇用されるよりもフリーランスで働いている人の方が満足度が高いことが判明!

>クラウドソーシングサービスを運営するランサーズは3月31日、「フリーランス実態調査」の結果を発表した。フリーランスでない人と比べるとフリーランスの人の方があらゆる点で満足度が高いということがわかった。

フリーワーカーは週平均14時間労働で年収122万円

フリーランス実態調査2017年版

同社は2月中旬、フリーランスとノンフリーランスの両方を含む20歳~69歳の男女3095人にアンケートを実施。フリーランスとして働いている人は17%だった。

一口にフリーランスと言っても、様々なタイプがある。企業で働きながら、副業としてフリーの仕事を請け負う「副業系すきまワーカー」は、フリーランスのうちの41%を占める。雇用はされていないが、特定の企業から仕事を受注している「パラレルワーカー」は25%で、特定の契約先を持たず、主にクラウドソーシングで仕事を請け負っている「フリーワーカー」は5%。個人事業主・法人経営者は「独立オーナー」に分類される。

1週間の平均労働時間は、「すきまワーカー」で6.3時間、「パラレルワーカー」で13.7時間、「フリーワーカー」で14時間、「独立オーナー」で33.6時間となっている。

フリーランスの年収は、すきまワーカーで平均60万円、パラレワーカーでは平均129万円、フリーワーカー平均122万円、独立オーナー平均350万円だった。

「フリーランスのままが良い」は57%、「企業に雇用されたい」は4%

フリーランスとノンフリーランスの人に、「自由である」「裁量が大きい」「仕事に誇りを持てる」「達成感がある」「仕事に熱心である」「満足している」などの項目があてはまるかどうか聞いたところ、どの項目でもフリーランスの方が割合が高かった。

満足している理由として、「ワークライフバランスが良くなった」「家族との時間が持てるようになった」と仕事以外の時間が充実したと答えた人は過半数に上った。他にも「自分の能力を生かせている」や「収入が増えた」を挙げる人もいた。



これは「会社員よりもフリーランスの方が満足度が高いことが判明  ただし「収入がなかなか安定しない」という悩みも」の記事からの引用ですけど、私もフリーランスとして働いていますが、基本的に雇用されることは望んでいません。雇用されて働いたこともありますし、雇用されるメリットも分かっているつもりですが、私自身は生活に困るようなことがなければ、この先雇用される働き方を選ぶことはないかな?と思います。仮に雇用される働き方を選ぶとしても、それは正社員としてではなくて、アルバイトなどを希望すると思います。そして、非正規で働きながらフリーランスの活動を組み合わせることを選ぶと思います。

多くが憧れている正社員ですが、私にとっては1番選ばない選択肢になると思います。理由はいくつかありますけど、自由度が少ないというのが1番でしょう。労働時間が長すぎるのが問題なのです。収入が少なくても良いから自由がある働き方を選びたいというのが本音です。極端なことを言うと、生活保護レベルの稼ぎだとしても、忙しすぎるよりはマシだと思うわけです。正社員になると、いろいろなメリットありますけど、私にとってはあまりメリットに思えないというか、デメリットの方が大きく感じてしまうのです。

そういう風に感じているフリーランスの人は多いのではないでしょうか?1度雇用されない働いてみると、結構快感に浸る人もいると思うのです。私は世間からの信用とかはあまり興味がないです。借金をする予定もなければ、結婚したい気もないですし、そういうところにこだわったこととか、こだわりたいと思ったことがないのです。必要性を感じたことがないのです。フリーランスは世間の信用が会社勤めよりはないかもしれないが、社会的信用がなくて困ったことがないので、余計にフリーランスでも問題ないっていう認識になりがちなのです。一般的な人と私はちょっと感覚が違うのかもしれません。感覚が違っていないとフリーランスをやってられないかもしれませんけどね。安定や信用が欲しいならばなかなかこの道は選びづらいと思いますから。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム