トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

特別区の面接の回数は何回?落ちる人は内容や質問事項への対策が不十分?

特別区の面接は2014年くらいからシステムが変更になった感があります。2014年くらいまでは特別区の面接の回数は2回でした。人事院面接は1回目と2回目があったのですが、今は1回のみなんじゃないですかね?特別区の採用試験の日程が変更になったことに伴い、面接のシステムが変わったのだと思います。それによって特別区の面接の回数も変わったということなのです。以前は特別区の面接で落ちる人というのは1回目の面接でアピールできなかった人ということも言われていました。

というのも、以前の特別区の面接の回数は2回あって、2回目の方が時間も長いし、面接官の人数も多いしということで、配点がでかいのでは?と言われていて、こっちが重要なのは言うまでもないですからみんな対策をかなりやっていたと思うのです。また、すでに1回目を経験しているだけに2回目はある程度慣れた状態で受けられるので、点数に差がつきづらいということもあると思われます。だからこそ、1回目の面接で差がつきやすく、1回目の面接で上手くできない人は特別区の面接では落ちる人なのではないか?ということも言われていました。特別区の面接が何回か?というのは受験生にとって大きな影響を与えていたのです。

しかし、今の特別区の面接は何回あるのか?というと、1回しかありません。つまり、2回目がないので、差がつきやすいこの1回目の面接で勝負が決まるということになります。特別区の面接は1発勝負ということになってしまうので、いかに特別区の面接について事前に調べられるか?そのうえで対策ができるか?が重要になります。特別区の面接の内容や質問事項について詳しく調べて分析をして、そのうえで面接に臨むことができれば、良い結果を残せる可能性が高まりますから。

特別区の面接の内容や質問事項を調べたからといって、完璧な対策にはなりません。あくまでも有利にはなれるということはあっても、どこまで確率が上がるか?は分からないのです。しかし、そういったことをやれば特別区の面接でより力を発揮しやすいと言えるでしょう。以前は特別区の面接の回数は2回あったので、取り返すチャンスはありましたが、今は完全に一発勝負みたいですから、特別区の面接は1回で全てを出し切りらないといけないと思って、やはり面接の内容や質問事項は想定しておくと良いと思うのです。

質問事項に関しては頻出の質問を調べるだけでも結構違いますから。全部の質問を予想することはできません。面接カードからの質問もありますから。面接カードからの質問も予想をしてほしいですし、それ以外の質問もインターネットで調べれば情報が出てきますから、そういった対策をすることで特別区の面接に受かりやすくなると思います。特別区の面接は何回か?というのをまずは知ったうえで、その中でどういう対策をしていくべきか?を考えると受かる確率が上がるでしょう。

特別区の面接で落ちる人というのは、今のシステムだと1発勝負なので事前の対策がよくできていなくて、力を発揮できない人というのも当てはまるかな?と思うのです。力を発揮すれば受かるというわけではないものの、力を発揮できないと受かるものも受からないと思うので、事前に行う面接対策はかなり綿密に時間をかけて行ってほしいと思います。特別区の面接の内容と質問事項についてはしっかりと頭に入れて対策をして、1回しかない面接に全力で挑みましょう。特別区の面接の回数は1回になったことで、戦略も結構変わってくると思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム