トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の履歴書の趣味はゲームはダメで読者は良い?空欄や書かないという選択も

>就活生が履歴書の趣味欄に書くことには、読書や映画鑑賞など当たりさわりのないものが多い。だがスレ主は、「なんか読書好きって自分が高尚な趣味でも持ってると勘違いしててキモいわ」と愚痴っている。

スレッド内では、スレ主の意見に賛同する声が多数挙がっている。

「ダブスタだよな 読書も小説とか娯楽なのに」
「ゲームは遊び、読書は文学みたいな仕切りみたいなのがあるからねー」

そもそも、趣味は自分が楽しむためにやるのだから、人にどうこう言われる筋合いはない。履歴書にも正直に書けばいいはずだ。

ただ、年配者の中には、ゲームは子どもっぽいと思う人も稀にいる。読書とゲームのどちらも好きだが、履歴書にはあえて読書と書くという人は「人にも職にも趣味にも貴賤はあるよ、残念ながら」と諦め気味に綴っている。

別の意見としては、「そもそも趣味欄いらん」という声もある。

「そもそも趣味なんてプライベートを初対面の年代も合わないやつと共有できるわけない」
「趣味くらい好きに書かせても良いだろ仕事すんのに趣味なんて意味無いんだから」

などの意見も書き込まれている。
結局のところは伝え方次第?

一方で肯定的な意見も見られる。2014年にヤフー知恵袋に寄せられた同様の相談では、「ゲームが強いのも十分にアピールになる」「基本的に趣味欄は合否に影響しない。話のきっかけ」という回答があった。



履歴書の趣味欄「ゲームはダメだが読書はOK」に反論 「ダブスタだよな。読書も娯楽なのに」」の記事からの引用になりますが、就活の履歴書の趣味の欄ってそんなに重要なんですかね?今思えば、趣味の欄って合否にそんなに影響する気がしないんですよね。全く関係ないと言うつもりはないです。偏見を持っている人事に当たれば、特定の趣味は評価されて、特定の趣味は評価が下がるみたいなことが起きるかもしれませんから。だから、就活の履歴書の趣味がゲームでも全然良いと思いますけどね。私が人事であれば履歴書の趣味がゲームでも読書でも評価は変わりませんし、趣味のことについて聞こうとも思わない可能性もある。

ただ、そういう不満を持っているのであれば、就活の趣味は書かないという手もあります。空欄にするとかね。実際、就活の履歴書を書くときに趣味が無いという人は空欄にせざるをえません。そういう人は少ないかもしれないですけど、趣味が無いと感じている人もいるのではないか?と思うのです。趣味はあるけど、書きづらいというときには空欄で良いんじゃないですか?特に履歴書に趣味の欄はいらないと言っている人は尚更ですけど、書かないで良いと思うんですよね。その履歴書が自分で買ってきたものならば、企業が知りたい情報を並べたわけではないので、必ずしも書かないといけないという性質ではないと思うのです。

だから、私の意見としては、就活の履歴書で趣味はゲームと書いても良いでしょうし、もちろん読書でも良いと思います。しかし、そもそも履歴書はどの欄も埋めないといけないものか?というと違う気もするんですよね。どうでも良いとおもう情報ならば空欄でも良いでしょう。就活の履歴書で趣味の欄は空欄でもいい気がします。合否にあまり関係しない部分だと思うので。それが原因で落ちることがあれば、ゲームと書いて落ちることがあるのと同じくらいの確率な気がします。就活の履歴書の趣味を書かないというのは抵抗があるという人は履歴書のフォーマットを自作すれば良いと思うのです。そうすれば趣味欄がない履歴書を作ることができます。

だから、とれる選択肢は3つですね。1つはゲームが趣味の人は就活の履歴書にそれを書くか?読書などで嘘をつくか?2つ目は空欄にして何も書かないか?3つ目は履歴書のフォーマットを自作するか?です。履歴書の趣味欄がいらないという声がありますけど、個人的には履歴書自体いらないなと感じているのです。履歴書の趣味がゲームでも読書でもそれ以外でも優劣があるわけではないのですが、志望動機だって優劣を測れるわけじゃないけど、実際点数には差がついたりするのでしょうから、就職活動っていうのはそういうもんだってことなのでしょう。志望動機は重要な項目だから点数に差がつきそうですが、趣味はそれほど重要とは考えていないのではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム