トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の面接で家族構成を聞く意図や理由は?違法になる?答え方はどうする?

就活などの面接において家族構成を聞いてくる可能性がありますけど、こういった質問をする意図は何なのでしょうか?学生からしたら気になりますよね。就活などの面接で家族構成は違法になる可能性もあるようですが、聞く企業は多くあるみたいです。恐らくオワハラなどと同じで、企業にとっては必要性が高い質問なのでしょう。オワハラも学生には評判はよくないですが、割とやっている企業はあるようです。その理由も同じだと思うんですよね。企業にとって必要性が高いからです。

就活などの面接で家族構成の質問が違法になる理由としては、本人の能力などとは関係ないから。ということみたいです。つまり、法律は企業を受ける学生のことを考えて違法に扱っていることになりますが、逆の見方をすると企業の事情は全く考えていないということになってしまいます。企業が家族構成などの質問をする意図としては、家族構成が重要だと考えているに他ならないわけです。では、なぜ家族構成が重要だと考えるのか?というと、家族構成によって入社した後に影響が出る可能性があるからと言われています。

例えば、就活などの面接で家族構成を聞いて離婚をしている、または母子家庭だといった場合には、企業の見方が変わる可能性があります。企業がそういう質問をする理由としては、円満な家庭で過ごすことができているか?があるとされているのですが、それは円満な家庭でない場合には、その本人の精神状態を乱す原因になってしまう可能性があるとされているのです。つまり、例えば親が離婚したといったときには、親が円満なケースと比べると、その子供(面接を受けるている本人)の精神面に少なからず影響している可能性があると企業は見るのでしょう。つまり、仕事が手につかないとか、そういうことがあると困るわけですね。

したがって、そういう意図があって就活などの面接で家族構成を聞いているのではないか?とされています。ただ、離婚をしているケースも、母子家庭のケースもそれがどの程度精神的な影響をもたらすか?は分かりませんし、偏見と言われればそうでしょう。離婚をしているケースだって、離婚をしたのが大分前となれば、さすがに精神状態も元に戻っているんじゃないの?と推測するのが妥当な気はします。したがって、仮に就活などの面接で家族構成について聞く理由がそういうものであっても、どこまで意味がある質問なのか?はよく分からない気がしますけどね。

したがって、個人的な意見を言うと、こういう質問をしてそこまで意味があるとはそこまで思えませんけど、実際に聞いてくる可能性はあるわけですから、想定しておかないといけないでしょう。就活などの面接で家族構成を聞かれて母子家庭や離婚している家庭のケースでは不利になるのか?というと、不利に扱われる可能性はあるのではないでしょうか?答え方をどうするか?というのは1番の悩みです。就活などの面接で家族構成について聞かれて答え方によっては不利になるとしたら、相当悩むでしょう。そういう企業はこっちから願い下げだくらいの気持ちでもいい気もしますけど、基本的には嘘はつかない方が良いと思います。

就活などの面接で家族構成の答え方としては正直に答えるか?落ちる覚悟で何も答えないか?どちらかでしょう。答えることに何のためらいもない人は答えてしまって良いと思いますが、そもそも面接で家族構成について聞くことは違法とされているならば、答えたくない人もいるのではないでしょうか?なぜこういう質問をするのか?の企業側の意図は知っておくと良いと思いますが、それを聞いてくる理由を知っても、賛同できない人も多くいると思うのです。しかし、企業側からしてみれば、事前に聞いておきたい重要な質問だという認識だと思うからこそ、実際に聞くわけですよね。そこの溝は多分今後も埋まることはないと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム