トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

特別区の希望区の選び方は?倍率が低い区はある?変更や書かないは無理だと思われる

特別区の採用試験では申し込みをするときに希望区を選ぶ必要があると思います。それを選ばないと恐らくいけないのではないかな?選ばないということも可能なのか?はちょっと分かりませんが、選ばない人はほとんどいないと思います。特別区では希望区の選び方はどうするのか?人気区はどこなのか?ということがよく話題になります。選び方に関しては希望の区があるならば、そこを書けば良いということになりますが、希望区がない場合にはどうしたら良いのでしょうか?

特別区の希望区がない場合には、個人的なアドバイスとしては区に対する志望動機を考えやすいところにするというのも1つの手です。特別区では試験を突破していき、区面接まで行くとそこで受験する区の志望動機を聞かれる可能性があります。区面接は希望区から声がかかるとは限りませんけど、希望区から声がかかる可能性が高いです。そうなると、そこに受かるために志望動機で評価されないといけないので、志望動機が考えられる区を選ぶというのも1つの方法になるのではないでしょうか?

特別区の希望区の選び方はそういったものが1つあるのです。人気区はやはり都心に近い区だと思います。それぞれの区において特色があるので、志望動機を考えやすい区とそうじゃない区に分かれやすいでしょう。区面接に受かって、特別区から内定をもらうためには、志望動機が考えられないとどうしようもないので、そういう部分はある程度考えておかないといけないでしょう。どうしても特別区の希望区がない場合にはそういう選び方をするしかありません。


特別区の希望区は変更はできないと思います。1度選んだら変えられないでしょう。そして、特別区の希望区は忘れたという人が絶対に出てくると思うので、メモをしておいた方が良いです。忘れたとなると、後々困ることも出てくる可能性がありますから。どこの区を希望したのか?希望順位は?というところまでちゃんとメモをしておくことを忘れないでください。特別区の希望区を変更したいって人はどれだけいるか?分かりませんけど、これは1度申し込み時に送信すると、もう変更できないでしょうから、慎重に選んだ方が良いです。

ちなみに区面接は第二、第三希望から声がかかることもありますから、第一希望のみでなくて、それ以降も慎重に決めた方が良いです。特別区の希望区では人気区を選ぶを倍率が高いのではないか?と思う人もいるかもしれませんが、そこはあまり気にしなくて良いと思います。区面接の段階で受験生に電話するときに調整すると思うので。特別区の希望区の選び方で募集人数の多いところ、つまり倍率が低いだろうというところを選んでもあまり意味はないかもしれないのです。

特別区の希望区では倍率が低いところとそうじゃないところに分かれづらいと思います。区面接をやる時点で、希望が集中している区から、あまり希望者が多くない区に充当されるようになっているはずです。だから、希望区以外から電話がくることがあるのでしょう。そうやって、倍率を調整しているのではないか?と思いますから、特別区の希望区では倍率が低いところがあるようで、実はないんじゃないか?と思います。特別区の希望区の選び方で倍率が低いところ、人気区以外のところを選ぶメリットはあまりないと思います。特別区の希望区は書かないというのはできるのか?どうか分かりませんが、できないならばどこかを選ばないといけないので、ちゃんと考えておきましょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム