トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ソチオリンピックを見て思うのは、冬季オリンピックって採点競技多すぎじゃない!?

ソチでのオリンピックが盛り上がっているようですが、私は1度も見ていません。何でか?というと、見たいと思える競技が1つもないということもありますが、大きいのは冬季オリンピックって採点競技多くないですか?私は採点競技ってスポーツなのかな?という気がとてもしています。

採点競技は、私の感覚だと「動く芸術」という認識です。自分の力と同等にそれを評価する人に依存しないといけないというのは、まさに芸術そのものです。だから、スポーツを見ているという感覚ではないのです。そして、最近知ったんですけど、スキージャンプって採点競技だったんですね!(笑)私はずっと知らなかったのですが。

完全に飛んだ距離だけで順位が決まるものだと思っていました。ただ、実は飛んだ距離を点数化して、さらに飛んでいるときの姿勢も点数化して、それらを合算して順位を出すらしいです。飛んでいるときの姿勢ってそんなに重要なんですかね?

また、助走をつける距離を長くしたり、短くしたりできて、それによって加点、減点を行うなど、ルールも若干複雑みたいで、冬のオリンピックの中でも、1番関心があったスキージャンプについても、これを誌って見る気も一気になくなってしまったという感じです。

冬季オリンピックは競技数自体も夏季よりは少ないですが、採点競技の割合がとても高いと思います。面接みなもんですよね。面接ほどいい加減で採点基準も曖昧ではないでしょうけど、見ている人ももやもやするのではないでしょうか?実際、モーグルの上村愛子選手の採点結果に意義を唱える人がネット上で噴出し、物議を醸しています。

何の競技か忘れたのですが、そのときどきによって採点の基準がコロコロ変わる競技もあるみたいで、それで良いのかな?という気がして、とても萎えてしまいました。本人がどれだけ頑張っても、その頑張りを採点者が評価しない限り結果に結びつかないという、採点者依存という意味では面接に通じるものがあるでしょう。

ただ、オリンピックに挑戦している人は、そういう採点競技で良いということを踏まえて参加しているわけですから、外野があれこれ言う問題ではないかもしれません。しかし、あくまでも競技を見ている側の人間からすれば、楽しさが半減してしまうような、結果に納得できない場面が多く生まれてしまうのは必至だと思います。


アルバイトに採用が決まると、なんと祝い金が貰える画期的な求人情報サイトがこちら!
採用祝い金がもらえる渋谷パート情報サイト【ジョブセンスパート】

ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム