トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

有給を使うなという圧力や使いづらい、使えない雰囲気の改善は厳しいと思うが・・・

会社で有給を使いづらいと感じている人が多くいると思います。そういう雰囲気がありますからね。しかし、会社で有給を使えない雰囲気をなんとかする方法があるとすれば、それは有給を使っていくしかないと思うのです。それ以外で現状を変える方法はないと思います。というのも、サービス残業が法律に違反しているのに、多くの会社でなくならない現状を見ると、外部からの監視や指導によって有給を使える状態になるとは到底思えないのです。

サービス残業が法律や外部団体からの監視や圧力、または指導によって根絶不可能な現状では、有給休暇の未消化への問題を解決するのはおよそ不可能に感じます。というのも、サービス残業が違法なのに対して、有給休暇が使いづらい雰囲気や使うなという圧力自体は違法ではないというか、具体的な行動によって生み出されているものでなければ、問題視しづらい部分があります。したがって、そういった部分は改善をするのは難しいのです。違法なことをしていなければ指導もできませんから。

あとは国が政策によって有給消化を促していくための方法として、有給買取などを案もありますが、結局それは有給休暇の消化ではないので、問題の根本的な解決にはならないでしょう。したがって、法律で義務付けてもサービス残業みたいな結果になるかもしれませんが、私は有給休暇を行使するやり方をルール化してしまうのが良いと思うんですけどね。そもそも有給休暇が使いづらい雰囲気というのは、直接人を介して申請しないといけないところにある気がします。

申請がしづらいっていうのがあると思うのですが、私は人に申請をするのではなくて、紙に書いてどこかの箱に入れておくと。それを上司とかがチェックしていくというやり方にすると、まだ有給を使いやすい雰囲気になりそうな気がしますけどね。それだけで解決するわけではないです。有給を使えば、その人が職場にいないことが分かるので、回りからの目が気になると思うので、そういった圧力もなんとかしないといけないわけですから。そういう意味では、有給を使えない雰囲気があるのは会社だけのせいじゃなくて、同僚などの社員が原因になっているケースもあると思いますからね。

そうなると、有給を使えないと不満を持っている側も有給を使えない雰囲気の醸成にかかわっている場合があるということになります。みんなが使いづらい雰囲気の中で、使っている人をよく思えないという気持ちがあるかもしれませんが、とりあえず有給を使いづらい問題ってサービス残業の問題と似ているかもしれませんけど、有給を使うなという空気が会社からだけではなくて、従業員から発せられている面もあります。

有給を使いづらい雰囲気は今後も存続するでしょうし、それは改善不可能だと思います。空気は変えられないが、申請する際のハードルは下げられるでしょう。さっき言ったように、上司に直接告げるのではなくて、紙に書いてそれをどこかに箱に入れておいて、後で上司が見てOKを出したり、時季変更権を使ったりということをすれば良いと思うので、有給を使うときに形式面を工夫することによって使いやすい雰囲気を作っていくことが重要ではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム