トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ハローワークの求人票と実際が異なる問題は会社が悪いとは限らない?

> 「残業月平均20時間て書いてあったけど実際40時間超え」
「残業月に10時間程と書かれていたけど、休日出勤もして150時間くらい働いてた」

ここまでくるともはや誤差とは思えず、残業を過少申告していたのではないかと思わずにはいられない。「完全週休二日制うたっておいて、いざ入ったら3ヶ月休みなしとかな」という違法状態もあった。

人事総務を担当しているという人は「中小零細は嘘『しか』書かないぞ。年休120日って書いてるけど実際は30日もない」と指摘。他にも、業務内容が当初と違っていたり、そもそも雇用形態が違っていたという書き込みもあった。

「正社員の面接で行ってるのに非正規でならとかあるよな。こっちは正規の面接できてるのに無駄足とらすなと。電車賃払えと言いたくなるわ」

ハローワーク「事実を確認の上、会社に対して是正指導する」

このように求人票の内容と実際の労働条件が異なった場合、ハローワークではどのように対処しているのだろうか。都内のハローワーク担当者によると、求人票と実際の労働条件に違いがあった場合には、求人票を受理していたそれぞれのハローワークが対応するという。

「求職者から相談があった場合は、その求人票を受理していたハローワークで対処します。各企業の担当者に事実確認を行い、指導していくことになります」

公開・紹介している求人の内容が実際と違っていた場合には、2014年から「ハローワーク求人ホットライン」に申し出るよう呼びかけているという。事実を確認の上、会社に対して是正指導を行ってくれるので、積極的に利用していきたい。

ただし求人側は、必ずしも悪意を持って嘘を書いているとは限らないようだ。あるIT企業の採用担当者は「業務が当初と異なってしまうのは難しい」事情を明かす。

「採用には『人ありき』という側面もありますよね。『この人ならこの仕事の方が向いている』とか『この人が来てくれるならこういうこともやりたい』といった理由で、結果として募集時と異なる業務になってしまうことがあるのです。そのときには、面接などでこちらの意向を説明し、納得をいただいているつもりなのですが……」



これは「後を絶たない「求人詐欺」に困惑 「残業月に10時間のはずが、実際には150時間くらい働いてた」人も」に載っていた記事になります。求職希望者からすると、ハローワークの求人票に書いてあることを鵜呑みにして面接を受けたら、実体が違ったということがあるみたいですね。完全週休二日制なのに、3ヶ月休みなしとかのケースはちょっと・・・とも思うけど、求人票の残業時間の平均と実際の残業時間の平均の問題は何とも言えない部分がありそう。というのも、求職者側と求人を出す会社の解釈が本当に合致しているのか?がまず分からないからです。

というのも、残業の平均を出すときに、これが会社全体の平均なのか?1人の社員で平均してということなのか?もよく分からない。それで多少数字が変わりそうな気もする。平均10時間が150時間のケースはともかくとしても、平均20時間の会社で40時間残業はありえると言えばありえる数字な気がします。というのも、平均が20時間ってことは、それよりも少ない人と多い人が絶対にいるので、20時間を越えて平均して残業をしている人がいてもそれはおかしくないのです。逆に20時間をよりも全然少ない残業時間の人もいるでしょう。それを平均したら20時間ということならば、残業時間の平均が40時間の人がいても不思議ではないのです。任されている仕事内容や本人の能力によって、社員ごとに残業時間が異なるというケースも十分考えられるので、その場合には全員がだいたい20時間前後の残業時間になるのではなく、10時間の人もいれば40時間の人もいるとか、そういったケースは現実的に起こりうるでしょう。

つまり、このケースでは社内で働く人の全員が残業時間の平均として20時間になるという解釈ではないとしても、残業時間が平均20時間というのは嘘とは言い切れないと思うのです。また、会社の言い分としてはいろいろなものが考えられるんですよね。それが妥当なものか?どうかはまた難しいが、求職者の言い分ももちろんあるし、会社側の言い分ももちろんあるだろうし、ケースバイケースでどっちが妥当なことを言っているのか?は判断が難しいかもしれないです。

そして、業務内容が違っているというケースに関しては、採用担当者が釈明しているが、いろいろな事情があるのでしょうね。このケースで言えば、別の業務の方が向いているからそちらを紹介したということなので、そっちの業務ならば採用されるが、層じゃない求人票の業務だと採用されないという状態なのかもしれないです。それも会社側としては、その適性が面接で初めて分かったということならば、致し方ない部分もありそう。結局、求職者側が想定していた業務では、会社の面接官は採用する気がないという場合で、別の業務ならば採用のチャンスがあると見込んだ場合には、こういう事態になるかもしれない。正確なことは分からないですけど、悪意を持って別の業務になっているケースが全てではないということなのでしょう。テレビCMとかでも商品やサービスの良いところしか言わないように、ハローワークなどの求人票も、良いように見せようとしているということは常に頭の中にないといけないのかもしれないです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム