トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

義理チョコを職場であげるのを禁止する会社が現れ、賛同者が多数

>日本法規情報は2月2日、「職場でのバレンタインデーに関するアンケート調査」の結果を発表した。調査は2016年12月26日~1月15日に実施。1103人(男性475人、女性628人)から回答を得た。
一方、義理チョコ容認派は「社内のコミュニケーションになる」と回答

義理チョコ禁止令反対、賛成者多数。

社内規程で、職場でバレンタインデーにお菓子の配布を禁止することについて、「良いと思う」と回答した人は69%に上った。回答者を女性のみにしぼると、75%にもなる。

時代は変わりつつあるといえど、義理チョコをあげるという慣習の廃止を求める声が非常に多いことが分かった。「良いと思う」と回答した人に理由を聞いてみると、「あげる、お返しをするのが面倒だと思うから」が一番多く47%。

バレンタインデーに向けてチョコレートを「作る」「買う」といった女性の負担と、それに対するお返しを用意する男性の負担が重なり、多くの人がバレンタインデーの慣習そのものを面倒だと感じているようだ。

それ以降は「会社には必要ないと思うから」21%、「バレンタインデーを重要視していないから」12%と続く。

一方「良くない」と回答した人は、「会社のコミュニケーションの場となるから」が34%、「会社が和やかになるから」18%と、半数以上の人がバレンタインデーを交友関係構築のきっかけとして利用したいと考えていることが分かる。


「バレンタインの義理チョコ禁止」に女性の7割が賛成 「あげる方も、お返しする方も負担だから」という声」の記事からの引用になるけど、バレンタインの日が近づいてきたが、個人的には全く興味がないイベントだ。というか、興味がないどころか、バレンタインの日を全く意識しない。クリスマスとかは普通に意識するんだけど、バレンタインはもはやどうでも良い日として私の中では定着しています。それは私がもらえないからではなく、むしろもらえないほうが良い。お返しをするのが面倒だから。というか、お返しを強要するような風潮があるので、それが嫌だから。バレンタイン自体が好きではないのだ。

義理チョコに限らず、貰った側はどうしてもお返しをしないといけない雰囲気になる。これが人間関係の嫌なところなんですよね。貰いっぱなしは悪いみたいな雰囲気があるし、そういう洗脳にかかっている人たちも多くいる気がする。私はバレンタインに限らず、お返しをしたいと思う人以外は基本しないけど、したくないけどせざるを得ない状況になっているという人も会社ではいるんじゃないでしょうかね?そういった人たちへのメリットを含んだ義理チョコ禁止令ということになります。

貰った側が嬉しいのか?そうじゃないのか?という問題もありますし、あげる方としてもそれがどっちか?というのは分からないと思うのです。世間の反応としては、義理チョコに限らずバレンタイン全体への関心も低下している気がします。義理チョコ自体も上げている人は減っているのかもしれないが、バレンタイン自体がいずれ衰退していく可能性があると思いますし、こういった禁止令が必要か?どうかはともかく、何もしなくても義理チョコをあげない人がどんどん増えていく世の中になるのではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム