トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正社員はワークライフバランスへの満足度が低い!満足している人は派遣社員の半分以下

>正社員・派遣社員・契約社員・アルバイトのそれぞれに「現在のワークライフバランスはいかがですか?」と尋ねた。「良い」という回答は、派遣社員で47%と最も多く、正社員ではわずか22%。雇用形態別では最下位だ。

また、派遣社員・契約社員・アルバイトでは、いずれも「良い」が「悪い」を上回っているが、正社員のみ「悪い」(40%)が「良い」を上回ってしまった。

「勤務時間・勤務日数についてどう感じていますか?」という質問では、正社員以外の人たちはいずれも過半数が「ちょうど良い」と回答。しかし正社員では、「長い」と回答した人は56%もいた。

では、ワークライフバランスを改善するためには、どうしたらよいのだろうか。ワークライフバランスが「悪い」と回答した人に、どのようにしたら改善すると思うか聞いたところ、正社員では「仕事の割合を減らす」が66%となった。

そうか、仕事の割合を減らせばいいんだ、やったー!……となるわけもなく、仕事を減らせばワークライフバランスが改善するという当たり前のことをいかに実現するのかが課題ということなのだろう。


これはキャリコネの「【当たり前速報】正社員は勤務時間も長く、ワークライフバランスの満足度も低いことが明らかに」という記事に載っていたものですが、正社員は多くの人がワークライフバランスに問題ありと思っているみたいですね。でも、そこはしょうがない気もしてくるんですよ。正社員、派遣社員、契約社員、アルバイトに分けた場合、給料の多さや雇用の安定性の面では1番正社員に分があります。逆に派遣社員などはその2点において、正社員に劣るケースも多々あります。全てのケースがそうというわけではないですけど、こういう傾向があるのではないでしょうか?

派遣社員はワークライフバラスが良いと思っている人の割合が正社員の2倍以上いるということなので、その点に関しては派遣社に分があるということになります。そうなると一長一短なんです。正社員も派遣社員も。正社員のメリットは何があるか?というと、世間体の問題、給料の多さ、雇用の安定性という3つがあると思いますけど、その代わり残業代が出ない、労働時間が長い、休日が思うようにとれないなどの問題点を抱えているわけです。正社員と非正規社員ではメリットとデメリットがほぼ逆転している状況かと思います。

こういった部分を見ると、正社員が1番良いのか?とは思えてこない人もいるんじゃないですかね?実際、正社員は嫌だから、バイトや派遣をやっている人もいるんですよ。それは正社員のデメリット部分が大きすぎると判断したからでしょう。生きるのに十分なお金を稼ぎやすくて、仕事がなくなるリスクが低くて、世間体も問題なしだが、他の部分で犠牲が多すぎるという部分に注目している人は意外と多いと思います。そういう人が派遣やバイトを好きで選んでいるのではないでしょうか?正社員の割合は今後自然に減っていくことになるのではないか?とされていますから、結果としてワークライフバランスに満足いく人は増えるのかもしれないです。でも、ワークライフバランスを犠牲にしてでも正社員が良いと思っている人はいると思うので、この問題はそこの問題も含んでいると思いますね。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム