トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

結婚相手の条件で学歴、年収、容姿、身長などが厳しいはあり!高望みしないことが良いわけではない

婚活をしている女性の結婚相手に求める条件が厳しいというか、高望みをしているという指摘が度々ありますけど、そもそも高望みは悪いことなんですか?女性が結婚相手の条件として年収、学歴、身長、容姿などを比較的高く設定しているということがあると思うんですけど、そういった女性は悪いのか?というと、別に悪くはないと思います。その人の人生なので、その人の勝手で結婚相手を選ぶことは何も間違っていないと思います。

最近見たのは「身の程を知れ!」という批判で、この批判は何の意味があるのでしょうか?というか、身の丈に合った人以外選んじゃないいけないみたいな言い方ですよね。身の丈に合っているか?合っていないか?なんて誰が判断するのか?という問題もありますけど、身野丈に合っていない人と結婚したいと望んだとしても、それを批判されないといけない理由はないんですよ。その人の勝手なんですよね。こういう批判がくる理由がよく分かりません。

身の丈に合った人と結婚しても意味がないと感じている人がいるわけですよね。結婚相手の条件として年収、学歴、身長、容姿などを下げても大丈夫な人は下げれば良いのですが、そうもいかない人がいるんですよ。例えば、多くの金を持っている人と結婚をして自分の生活水準を上げたいと思っている人にとっては、結婚相手に高望みをしないと意味がありません。自分が年収200万円なのに、相手も年収200万円では意味がないのです。

こういったケースでは女性は結婚相手に高望みをしないと意味がないのです。それ以外で年収を上げる方法があれば良いのだが、なかなか厳しいでしょうから。結婚相手の条件を厳しいくらいに高く設定すると、結婚できる確率は下がるでしょう。それは本人もある程度は覚悟のうえだと思いますけどね。特定の人じゃないと結婚をする意味がないと感じるくらいの人ならば、結婚相手に高望みしないと意味がない状況が普通に存在します。

結婚相手に高望みしないと意味がないのに、高望みをしないでいたら何のための結婚なの?という状況にもなりかねません。したがって、高望みをすることは悪くないと思います。結婚相手の学歴、年収、身長、容姿などで自分の好みの人がちゃんといるのか?見つかるのか?という現実的な側面は多少は考えないといけないでしょうけど、高望みをしないことが良いとは必ずしも言えないと思うので、そこは分かったうえで婚活をしていかないといけないのではないでしょうか?

離婚する確率が高くて3組に1組は離婚するという現状を見ると、高望みした方が良いのでは?とも思えてきます。結婚することが目的ではなく、結婚生活を円満に送っていくことが目的でしょうから、結婚できれば良いということにはならないわけです。離婚をするということが仮にマイナスであるならば、離婚をする確率が低い相手、つまり、自分の希望の条件に少しでも合致するような人を選んでいくというのは大切になるのではないか?と思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム