トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

未婚だと、結婚していないと出世に響く、不利になるとしても気にするほど?

とくに出世したいと思っていなくても、「独身男は出世しない」と言われたらどうでしょう。先日、発言小町に「独身だと信用されない?」というトピックが立ちました。トピ主は23歳で彼女のいない独身男性。飲み会で上司から「結婚はした方がいい、信用度が違うぞ」と言われ疑問を感じ、

「世間では仕事をする上で、独身か既婚かで相手の見る目は変わりますか?」

と問いかけていました。(文:篠原みつき)

結婚すれば嫁ブロックが働き「安定労働力」となる?


レスは意外にも「変わる」と断言する人が多く驚きました。主な理由は、「家族を養わなければならないという責任感によって、勤労意欲に差が生まれる」というもの。中には、結婚を控えた時期に上司にこんな話をされた人も。

「独身は身軽だから、ちょっと辛ければすぐにでも辞められる。結婚すれば転職に際してだいたい奥さんがよく考えろと言ってくれる。子供が生まれれば、奥さんはもっと強く止めてくれる。家でも建ててローンでも組んでくれれば、本人が会社に絶対の忠誠心を示し、出世を望むようになる」

つまり「忠誠心を持った安定労働力が確保できる」というわけで、既婚者である上司は「ようこそこちら側の世界へ」と自嘲気味に笑ったそうです。

こうした考え方は今も一定数あるようです。書き込みには、会社の飲み会で30代彼女なしの社員が「俺結婚なんて絶対しないです。嫁と子供なんか養ってたら自分の時間や金がなくなるし」と豪語し、上司に「あ、お前はそういう人間か」と冷めた顔でバッサリ言われ青くなったという話も。仕事の能力に関係なく、無責任で身勝手な人間とみなされてしまうのかもしれません。

「家庭の固定電話が信用になる、くらい時代錯誤な価値観では」

一方で、これは偏った考え方で、「仕事の能力とは関係が無い、独身者が増える今後はますます関係なくなっていく」と書き込む人も少なくありません。

「今時そんな信用あるんですかね?中にはそう思う人もまだいる、という位では。家庭の固定電話が信用になる、くらい時代錯誤な価値観では」
「独身でも信用される所もあれば、結婚してないと信用されない職業もある。後者の方が少ないから大丈夫。社会的信用度は『独身だから』はもうすでに関係無い時代に入ってます」



「男は結婚していないと出世に響く?」 23歳独身男性が相談、「今の時代にそぐわない」という声も」からの引用になりますが、出世に響くとか言うけど、そもそもみんな出世したいんですか?私はあまりしたいとは思いません。給料が上がっても、仕事に対するプレッシャーが強くなるのが嫌なので。あまり出世に興味ないです。それに私が気になるのは結婚の有無が出世に響くとしたら、それは不利益取り扱いにならないのか?ということです。そういった裁判例もないのかな?会社にとっては結婚している人は辞めづらいという認識があって優遇するのは仕組みとしては分かるが、それは法的にOKなのか?逆に言えば未婚者は既婚者が受けられるメリットを受けられないわけですからね。

そういった法的な問題への疑問もあるが、実際未婚者を不利に扱い、既婚者を有利に扱っている企業はどれだけあるのでしょうね?ただ、1つ考えるべきことは出世において結婚しているか?どうかが関係しているとしても、それは数多くあるようそのうちの1つでしかないと思います。だから、気にするほどじゃないと思うんですよね。就活で学歴が関係あるか?と疑問に思う人もいると思うんですけど、無関係ではないでしょう。関係はあるけど、そんなに大きく関係しますか?というのが私の意見です。

関係あるとしたら、学歴フィルターくらいだと思うんですけどね。他では関係がないとは言えないが、気にするほどではないと思う。学歴フィルターがない企業では事実上学歴不問と言っているに等しいわけで、学歴フィルターがある企業でも、そこを突破したらその企業にとっての学歴の最低ラインは越えていると認められたわけだから、あとはそれ以外の勝負になります。学歴フィルターにひっかかってしまった場合はしょうがないかもしれませんけど、それでも学歴フィルターが存在しない企業の方が多いと思うので、全体への影響がどれだけあるか?と言えば、そこまで大きいですか?って気がします。

学歴以外でも関係する要素を挙げたらいくらでもありますよ。顔、性別、コミュニケーション能力、学力(筆記試験を突破するための)、人事との相性、運など、何らかの影響を与えているものはかなり多くあると思います。それと一緒で出世に影響を与える要素もかなり多くあるでしょうから、既婚、未婚の違いというのもそのうちの1つでしかないと思うので、気にするほどのことかな?という気がします。昔はともかく、今は30代とかでも結婚していない人の方が多かったりしますから、珍しいことではないと思います。すなわち、結婚の有無が出席に与える影響は昔よりは少なくなってきていると思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム