トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

手取り収入が少ない女性が結婚で現状を変える!という策は有効か?

先日、ガールズちゃんねるに「給料が少ない会社に勤めている人」というトピックが立ち、実に多くの女性たちが自身の薄給ぶりを訴えていた。

トピ主は27歳の女性でアパレル販売、大卒正社員なのに手取り17万円で、賞与は出たり出なかったり。年収は250万円くらいとのこと。

「実家暮らしなのでなんとかなっていますが、親にもしものことがあったらと思うと不安になってきます。 転職したいと思っています」

と書き込んでいる。(文:okei)
意外に多い手取り12~15万円の女性たち

生涯未婚率が高くなっている昨今、独身女性が万が一老親を背負うことを考えると17万円は心もとない。しかし、トピ主に対しては「高卒はもっと厳しいから」「17万で安いとか喧嘩売ってんの?って感じ。節約しましょう」と突っ込む人も少なくなかった。

「30歳大卒正社員の販売職で手取り16万。給料安い上に土日休めない・連休取れないってのが辛い」という人や、「私は手取り11万。まだボーナスあるから生活出来てるけどギリギリ(高卒正社員)」という切実な人も。給料は学歴や職種、住んでいる地域の物価、企業によって変わるため額面だけで低いと決めつけることはできないが、書き込みを見ると手取り12~15万円の人が想像以上に多い。

学歴だけでなく非正規の格差に苦しむ声も。「大企業だが契約社員」という人は、ボーナスなしで切り詰めた生活をする苦労を明かしつつ、こう語る。

「17万だけど 周囲との格差感じて苦しい。周りは高給取りなので、いい生活してますよ~。 その中にいると、惨めになってきます…」

ちなみに厚労省の2015年の賃金構造基本統計調査では、25~29歳の大卒女性の給料額は23万9000円。各種保険料や税金などを天引きされ、手取り17万円なら実際の給与額は22万円ぐらいだろう。トピ主が極端に低いとも言えないのが現実だ。



国民全体の所得が落ち込んでいるといわれる最中、女性だけを見てみるとかなり厳しい現状を送っている人もいるということなのでしょう。それが「「手取り17万で安いとか喧嘩売ってんの?」――「給料が安い」と苦しむ女性たち、「打開策は結婚」でいいのか」に載っていました。手取り17万円というのは私の感覚から言うと少ない方だと感じてしまいます。しかし、この手取り17万円というのはどうやら真ん中くらいの数字のようで、平均と比較すると低くはないということが言えるみたいです。しかし、平均と比べて低くはないとしても、生活が大変なのは変わりないのだから、なんとかしないといけないと思っている人がいるということになります。

記事では転職をするという方法と結婚をするという方法の2つが挙げられていますが、結婚に関しては個人的には厳しいと思う。厳しいというのは、結婚ができる確率の問題と結婚をしても生活が楽になるか?どうかの問題があります。現在、男性の方が結婚をする気があまりない人が増えているという問題により、相手となる候補が減っているのですから、希望をしても結婚できる女性の確率は低くなっているというのもあります。また、男性に関しても収入の低下は進んでおり、今後それがより一層加速する可能性もあるのです。

そうなると、結婚をしても現状が変るか?というと、あまり変わらない可能性があります。少なくとも専業主婦とかはほとんど無理でしょう。専業主婦をしても2人の生活が成り立つような男性と結婚できる人は今後益々少なくなり、結婚をしたとしても当然共働きが前提じゃないと厳しい家庭が増えると思うんですよね。さらに言うと、共働きをしてようやくというレベルであり、手取り17万円の女性の暮らしが結婚によって変わるか?というと、そういう人は少ない、今後どんどん減っていく気もします。私の意見では結婚をして現状を変えようという作戦は、成功する人はそんなに多くないのではないか?と思うのです。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム