トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

接客をする店員さんがマスクをしているのは失礼?不安?よくない?

>先日の発言小町で、マスク禁止の会社で働いているという女性の投稿があった。会社が禁止するのは「お客様に失礼」という理由からで、マスク着用の許可は一向に下りないという。(文:みゆくらけん)

「ノーマスクの美容師さんにはブチギレそう」という声も


そのため風邪が流行るこの季節になると、必ずうつし合いの連鎖が続き、人手不足に陥っているのだとか。咳をしていてもノーマスクというのは「時代錯誤な気がする」とした上で、

「(それでもやっぱり)お客様から見てマスクは失礼にあたりますか? 体調管理ができない人、声がこもり聞き取りにくい、暗く見える、などという理由からでしょうか?」

と切実に問いかけている。

投稿者のように接客業のマスク問題に直面している人は多い。接客業といっても暗黙の了解でマスクOKな病院などを除き、対面販売業・美容師・飲食店のサービススタッフなどは微妙なところ。マスクの着用は会社やオーナーの考えによって意見が分かれているようだ。大手百貨店などではマスクNGが当たり前で、「繁忙期と風邪の時期が重なるので毎年本当に困っている」という従業員の声もレスにあった。

マスク禁止の理由は「店員がマスクをしていると、お客様に不信感や不安感を与えてしまう」というものが多い。しかし、咳をしていてもノーマスクというのは「逆に失礼」という意見もある。ある女性は美容院でのこんなエピソードを書き込んだ。

「『先週インフルエンザになったんですよ~。もう大丈夫ですけど~』と言って、咳をしながら私の髪を洗ったノーマスクの美容師さんにはブチギレそうでした。全然大丈夫じゃない!洗髪の時、私の顔にあなたの咳、真っ直ぐかかってるんですけど!」

確かにコレは我慢ならん。客としては「多少声が聞き取りにくくてもいいからマスクしてほしい」が圧倒的だろう。美容院やエステなど至近距離での接客や飲食業では感染予防を徹底していただきたい。客の立場側でも「マスクNGは時代遅れ」「失礼だとは全然思わない」「マスクしない方が非常識」という声は多い。


マスク姿で接客するのはお客さんに失礼? 「咳を撒き散らすぐらいなら声が聞き取れない方がマシ」という声多数」からの引用になりますけど、マスクをしていると不安が生まれたり、信頼が損なわれたりするという発想が私はよく分からないのだが、そういうことを覚える人もいるということか。私は接客する人がマスクをしていても何とも思わない。というか、私がよく行くお店ではずっと同じ店員さんがいるのだが、その人はいつもマスクをしている。特定の時期ではなくて、毎回マスクをしているので、恐らく1年中しているのではないか?と思います。そういうケースでも私はいちいち気にならない。

何で1年中マスクをしているのか?理由を推測すると、1番候補になりそうなのは酷形恐怖症かな?と思います。これはいわゆる自分の顔に自信がないということに恐怖心を感じるもので、それによって外出が出来ないとか、人前に出られないという症状になるみたいです。私もこれを抱えていますが、頑張って外出はしています。私は1年中マスクをする勇気はないので、マスクをしても違和感のない冬だけはマスクをして、顔を隠して自信を持って外出していますが、マスクをしない季節はというと、人前に出るのも結構億劫ですよ。

したがって、そもそも風邪やインフルエンザにかかっているから。というのが理由ではない可能性もあります。実際、酷形恐怖症か?どうかは分からないけど、マスク自体がファッションになっている面もあるんですよね。伊達マスクっていうのかな?ファッションとしてのマスクも売っているんですよね。だから、そもそもマスクをしている=風邪やインフルエンザにかかっているという見方がもはや違うのではないか?と思います。

お客さんにうつさないためとかではなくて、見た目の問題で使っている可能性もあるのです。ファッションのためというのもそうだけど、自分の顔に自信がないので、マスクをしないと人前に出られないという人もいるという理解が必要ではないでしょうか?私が遭遇しているいつもマスクをしている店員さんが顔に自信がないからが理由か?どうかは分からないが、そういう理由でマスクをしている人はいることはいると思います。そういう人の存在も認識していくべきだと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム