トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

東京大学などでのセンター試験の足きりのボーダーは事実上なくなる日がくる?

センター試験というと、国公立大学の受験生はもちろんのこと、私立大学の受験生も受けます。しかし、センター試験というのは国公立大学の受験生にとっては足きりというのが1つポイントになりますが、巷で言われていることを踏まえると、国公立大学でセンター試験の足きりをやっている大学は数少ないみたいです。東京大学などを中心にいくつか、数えられるほど見たいで、医学部など特定の学部のみというケースもあります。昔は違ったかもしれませんが、今はセンター試験の足きりってあまりないみたいなんですよ。

もちろん、センター試験で良い点数をとらないと現実的に合格は厳しいですけど、センター試験ができなくても二次試験に進めるという大学は多いです。東京大学もセンター試験の足きりのボーダーが存在しているのは一部です。今はほとんど足きりがないと言われています。今でこういった状態となると、今後センター試験の足きりは存在しなくなるのではないか?と思います。東京大学でもセンター試験の足きりのボーダーはなくなり、全員が二次試験に進める日がきそうな気がします。

それは日本が少子化の世の中になっているからというのもあります。受験生が減れば、東大の受験生も減る可能性があり、東京大学を含めてあらゆる大学でセンター試験の足きりが必要ない時代がくるのではないでしょうか?2020年くらいにはセンター試験が廃止されるということも言われていますけど、それよりも前に東大のセンター試験のボーダーが事実上存在しなくなる日がくるかもしれないのです。

センター試験自体がいつか廃止されてしまうということで、センター試験の役割自体もなくなってしまうのか?というのはやや残念でもあります。センター試験が廃止されると、国公立大学のみではなくて、私立大学の受験生にも影響が出るでしょう。センター利用入試というのがあるので、それが受けられなくなってしまい、チャンスが1つ減ります。新たに導入される試験で、センター利用入試のようなものができるのか?どうかは分かりませんけど、センター試験の廃止は1つの歴史を作りそうな気がします。

東京大学以外では今はセンター試験の足きりはないというケースが多いです。京都大学や一橋大学などの有名大学でもセンター試験の足きりのボーダーはないと言っても良いような状況ですから。現在では国公立大学でセンター試験の足きりがあるのは東京大学とあとわずかくらいです。京都大学や一橋大学では一部の学部ではあるのかな?ってくらいだと思います。この先に2020年くらいまでには足きりはほぼ全部の国公立大学でなくなっているのではないでしょうか?

センター試験は共通一次と言われていた時代からかなり歴史がありますけど、その歴史も数年後には大きく変わることが予想されます。共通一次とセンター試験はそこまでの大きな違いはない気がするんですけど、センター試験からの新たな達成度テストのようなものは仕組みが大きく変わると思います。それによって、大学受験のあり方も変わってくる可能性があるので、未来の受験生はこの新たな達成度テストについて情報を集めておくと良いと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム