トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

必要性はある?忘年会が嫌い、行きたくない人への強要はパワハラという声も大きい!

日本法規情報は「忘年会の参加強要はパワハラにあたるのか」という調査を実施し、12月20日に結果を発表した。

それによると約6割の人が「忘年会の参加強要はパワハラや嫌がらせ」と感じており、その理由について「本人の参加意思は自由だから」と回答していることが明らかになった。

4割が忘年会への「参加強要」を経験


調査は11月30日~12月12日に行い、887人から回答を得た。

「職場や学校などで忘年会に参加することを強要されたことはありますか」という質問に対して「ある」と回答した人は41%にのぼった。

続いて「忘年会の参加強要はパワハラや嫌がらせにあたると思いますか」という質問に対しては、64%が「パワハラにあたると思う」と回答。半数以上の人は問題だと思っているようだ。

その理由を聞くと、1位が「本人の参加意思は自由だから」(76%)。2位には「参加しないことにより理不尽な扱いを受けるから」(11%)が挙がるが、忘年会への不参加を理由に不当な扱いをするのは、パワハラになりかねない。

「パワハラに当てはめるのは過剰すぎる」という指摘も

一方、参加強要がパワハラに当たらないと思う理由としては1位が「コミュニケーションを取る機会として重要だから」(37%)、3位は「仕事の延長線上として大切だと思うから」(17%)となっている。職場でのコミュニケーションを補足する、いわゆる「飲みニケーション」の場として必要、ということのようだ。


これは「6割の人が「忘年会の参加強要はパワハラ」と感じていることが判明!「参加不参加の自由を認める」ことが大切」に載っていた記事です。忘年会の季節ですけど、忘年会の季節になると、絶対に出てくるのがこういった話題です。忘年会に行きたくないという声は根強いです。忘年会を嫌いだと感じる人が増える理由はいろいろとあります。今回は忘年会がパワハラに当たるか?どうかに関しての記事です。パワハラに当たるか?というのは主観的な感覚で、非常に曖昧な問題なため、善悪の問題として議論するのはどうか?って感じもする。忘年会がパワハラに当たるか?どうかではなくて、単純に好き嫌いで議論するなら良いと思うんですけど。

でも、忘年会に行きたくないと思っている人というのは多いと思うんですよね。忘年会が嫌いという人もいるかもしれませんけど。お金がかかるうえに、時間もとられますし、上司と一緒にいるというのが苦痛と感じる人もいると思うんですよ。そういった状況がある中では、忘年会の必要性について議論するのも重要でしょう。忘年会の必要性はどこにあるのか?というと、理由が引用文にも載っていますね。しかし、その理由については主にコミュニケーションをとるため。ということらしい。これだと忘年会の必要性にはなりませんよね。だって、忘年会じゃないといけない理由がないわけですから。

わざわざお金をかけないとコミュニケーションってとれないの?と思いますよ。っていうか、普段の仕事の中でコミュニケーションってとっていると思うんですけど。それ以上にコミュニケーションをとらないといけない理由があるのでしょうか?忘年会はいらないと感じる人もいると思うんですけど、忘年会を必要と主張する側の理由が、実際忘年会の必要性の根拠になっていないというのが問題だと思うんですよ。コミュニケーションをとりたい人間同士は日頃からとっていますよね。逆に忘年会という機会を設けないとコミュニケーションがとれないような人は、そのどっちかはコミュニケーションをとりたい相手とは思っていないわけだ。そういう人同士を無理矢理合わせる意味はあるんだろうか?と思う。

仕事上しょうがない程度のコミュニケーションはみんな仕方なくとっていると思いますけど、それは必要性があるからですよね。しかし、そこを飛び出して忘年会のような場でとるコミュニケーションって、仕事に生きるものですか?少なくともコミュニケーションをとりたくないと思っている人たちが無理矢理とらされるコミュニケーションが仕事に生きる感じはあまりしません。だから、それを強要されたら益々忘年会が嫌いになるのではないでしょうか?忘年会のあり方はいろいろな意見があると思いますけど、無理矢理に近い形で参加させられる忘年会は行きたくない人を余計に増やして、会社への信頼を損なうだけではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム