トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

風邪や微熱で仕事を休む、会社を休むと怒られる、罪悪感を感じるは洗脳にかかっている?

仕事を休むというのは社会人であれば、そう簡単にできることではありません。自分としては正当な理由だと思っても、なかなか休みづらいということがあるのです。仕事を休むというときには例えば風邪があります。風邪で仕事を休むというときには何度からならばOKなのか?ということがよく議論されます。38度以上とか、37度5分以上とか、そういったことが議論されるわけですけど、私は熱が何度以上ならば仕事を休むことが正当化されるという議論はあまり意味がないと思っています。

基本的には体調が優れないから仕事を休むということになると思うんですけど、私の体験談として身体のだるさと熱の高さは比例するとは限らない場合があります。38度以上とかだと別かもしれないですけど、例えば、ほとんど熱がない平熱より少し高いくらいなのに、異常に身体がだるいときってあるんですね。私はそういうときは何もする気が起きない。とにかく寝ていたいと思えてきます。逆に37度以上あるのに、平熱時と大して身体の調子は変わらないようなときがあります。

この違いは何なのか?というと、私もメカニズムは分かりません。しかし、体調が優れないというのは仕事をするには厳しい状態と言えるわけです。したがって、熱があるか?ないか?よりは身体がどれくらいだるいか?問題を抱えているか?で本来は判断すべきのように思うのです。しかし、身体のだるさなどは主観的で他人には伝わらないので、客観的な数値である体温を使っているケースが多いと思うんですけど、本質的には必ずしも正しいとは思えない場合もあります。

仕事を休むと怒られるということを気にしている人もいると思うんです。37度5分で会社を休むと怒られるケースもあれば、何も言われないケースもあると思います。それは会社や上司の考え方によるので、一概にどれが正しいか?とは言いづらいです。あとは仕事を休むことに関して罪悪感のようなものを感じる場合があるでしょう。私の感覚から言うと、微熱でも休んで良いと思うんですよ。風邪だって、命にかかわる場合もありますから。微熱を疎かにしていると、どうなるか?分かりません。

だからこそ、大事をとって風邪や熱があるならば仕事を休むことは悪くないと思います。しかし、現実的には微熱で会社や仕事を休む人は少ないのでしょう。だからこそ、風邪や微熱で仕事を休むをことで罪悪感を感じることがあるのではないでしょうか?風邪や微熱で仕事を休むとしても怒られることはないケースもあります。しかし、自分自身で罪悪感を覚えるというのは、社会の中では微熱では会社を休むことはしないという一種の常識みたいな、同調圧力のようなものがあるからではないでしょうか?

微熱で会社を休むことに罪悪感を覚えるような人が増えれば会社としてはそっちの方が都合が良いのかもしれないですけど、働く人にとっては本当に辛いでしょう。さっき言ったように微熱だとしても、身体がものすごいだるいときありますからね。38度以上あるだろうと思えるくらいにだるいときにまで会社を休むことに対して罪悪感を覚えてしまうというのは、何だか洗脳のように思えてきます。社会によっての洗脳です。基本的には自己判断で会社を休むということをしてもらいたいですけど、仕事を休むと怒られることを気にしたり、会社を休むと罪悪感が出てくるというのは現代社会では避けられない部分にも感じます。

しかし、それは本当に正しいことか?というとそうは思えないのです。微熱や風邪で仕事を休むと怒られるというのも厳しいなと個人的には感じますし、微熱や風邪で会社を休むと罪悪感を覚えるというのは、社会からの洗脳にかかっているのではないか?と思うのです。そして、本当は微熱か?否かで仕事を休むことの正当性を争うことが正しいとはあまり思えないのです。仕事を休むことで罪悪感を覚えることがないような社会が良いのかもしれないが、そうはならないでしょう。どうしても仕事を休む=悪いことと、迷惑をかけることというイメージが先行してしまいますから。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム