トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

良い大学を出れば幸せになれる?幸せの見方を変えないと厳しいのではないか?

「いい大学を卒業すると将来、幸せになれる」――。そんな考えを抱く児童や生徒が増えていることが、ベネッセ教育総合研究所の調査で明らかになった。2015年と2006年の調査を比較すると、小5で16.9ポイント(78.1%)、中2で16.0ポイント(60.6%)、高2で12.8ポイント(50.9%)増えているという。

「将来、一流の会社に入ったり、一流の仕事につきたい」という考えも支持率を上げており、増え幅は小5で11.0ポイント(70.8%)、中2で8.8ポイント(58.4%)、高2で11.0ポイント(62.8%)という結果になった。

「学校の勉強がお金持ちになるために役立つ」も10ポイント増


「学校の勉強がお金持ちになるために役立つ」と考える子どもの割合も高い。小5で57.8%(前回調査比で10.0ポイント増)、中2で60.7%(同11.4ポイント増)、高2で66.8%(同12.3ポイント増)となっている。

勉強に取り組む子も増えており、平均学習時間の伸びは小5で14.3分(勉強時間計95.8分)、中2で3分(計90.0分)、高2で13.9分(計84.4分)。大手企業に入るには有名大学を卒業した方が有利といわれるが、それが小学生にも浸透しているのかもしれない。

データからは、特に小学5年生の意識の高さが目に付く。「できるだけいい学校に進めるよう成績を上げたい」と答えた割合は、中高生より高く74.6%。「今は勉強することが一番大切なことだ」と答えた割合も49.6%と半数近くとなる。

小学生のうちから将来を冷静に考えている現代っ子に驚きを禁じ得ないが、ネットには子どもたちの考えを支持する大人たちの声があがっている。

「お金と知識(教養)は、沢山あっても邪魔になるものじゃない」
「高卒の自分からすりゃこう信じて勉強できてたならまだマシだったかなとか思うしいいんじゃないかな。少なくとも選択肢は広がることは間違いないし」

学歴だけで仕事が決まるわけではないものの、「悲惨な非正規見てたらいい大学出なきゃと思うわな」と、子どもに危機感が伝わっていると見る人もいる。


これは結構前の記事になるが、「「いい大学を卒業すると幸せになれる」でネット紛糾 「お金と知識は邪魔にならない」と支持する声もあるが」に載っていたものです。良い大学を出ると幸せになれるのか?についてだが、ここで挙げられている幸せというのは、お金や仕事に関するものばかりですね。そういったものも人生において必要なものだとは思いますけど、それを求めていること自体がもはや幸せから離れていっている気もしないでもないです。別に仕事やお金において充実していないと人生が幸せじゃないとは言えません。幸せとは心が感じるものなので、幸せと感じられるものならば別に何だって良いわけです。

そして、仕事やお金は誰もが求めるもので、言ってしまえば需要過多になっています。その中で幸せを掴める人間は多くはないでしょう。それに仕事やお金が充実していても幸せではないのでは?という人たちもいると思いますから。例えば、銀行で働いている人とかは社会的地位やお金の面に関しては恵まれているように見えるかもしれないが、無茶苦茶仕事は大変でしょう。これを幸せと言えるか?実際に働いている人が幸せに感じているか?はどうなんでしょうか?

良い大学にはいることは悪いことではないと思うが、それが結局良い仕事に就くため、お金を稼ぐためなのだとしたら、結果的に幸せになれない人が多く含まれるのではないか?と思います。幸せっていうのも、お金とか仕事と同じで他者との取り合いみたいなところはあると思うので、他が目をつけていない部分に幸せを見出せた人は、結果的に幸せになれる人が増えるのではないか?と思います。それこそ、ニートだって、毎日充実していると感じている人はいますからね。そういった視点が幸せになるためには重要なのではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム