トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活で親が過干渉してくる、口出しや反対をしてくるのは間違い?正しい?

最近の就職活動は親が干渉してくるということも珍しくないみたいで、そういう家庭があるみたいです。就活に親が過干渉してくるなどのケースでは本人にとってもプレシャーになる可能性がありますし、ちょっと勘弁して欲しいと思っている人もいるのではないでしょうか?親がそれだけ子どもの将来に対して真剣ということは言えるものの、当の本人がマイナスの部分を背負ってしまっているケースもあると思います。したがって、いろいろな問題に発展しやすいのです。

親が就活に過干渉してくるっていうのはいろいろな形があると思うので、一概には言えないかと思いますけど、口出しや説得をしてくるケースに関してはやはり本人にとってはあまり好意的には受け止められないでしょう。受けている業界や企業に対して文句を言われているわけですからね。ただ、親としてはアドバイスのつもりで言っているかもしれないで、そこは捉え方に温度差があるかもしれない。アドバイスのつもりで言っているならば強要はしてません。

しかし、子が強要していると感じることもあると思うので、そういう場合には親の過干渉とは言えないのかもしれないです。私は就職活動をしていたときには親は過干渉はほとんどしてこなかったです。私自身もそんなに真面目に就職活動をやっていたわけではありません。はっきり言って就職するのが嫌だったけど、仕方なく就職活動をしていたような状況だったのです。したがって、やる気がそんなにあったわけでもないので、仮に親に就活の口出しをされてもそこまで嫌じゃなかったかもしれない。

でも、真面目にやっている人ほど受けている企業とかも真面目に考えて選んでいるはずなので、そこに口出しをされると正直嫌だなと思うことがあるのではないでしょうか?就活に関して親が説得をしたり、口出しをしてくるとやはり子どもとしてはあまりいい気分はしない。自分の人生で、自分が自分を1番よく知っているのだから、就活では親は口出しをしないでもらいたいと思っている人もいるでしょう。そういったケースでは親のやっていることは間違っているのか?というと、先ほども言ったように口出しのレベルによりますという話になってしまうのです。

強要していなければ良いでしょう。こういうところも受けたら?くらいだったら、アドバイスかな?って感じもするので、私はそんなに問題ではないと思いますが、親の口出しが強要に近かったり、しつこかったりすると、さすがに私もそうかな?って感じです。だから、就活における親の口出しの問題は程度ややり方によるとしか言いようがないのです。親が自分の就活に反対してきている状態っていうのは、あまり好ましい状況ではないかもしれないが、一概に何とも言えない問題のように思います。ケースバイケースだと思います。

親の言うことを聞いておいた方が良かったって場合もあるし、聞いておかなければ良かったという場合もあるでしょうから、親の干渉が間違いとは確実にはいえません。結果が出てみないと分からないので、就活に親が反対をしてくるというケースもその時点でその反対が正解か?間違いか?は断定できません。そこも問題を複雑にしているのかな?と思いますが、でも親の言うことを聞いて後悔するよりは、自分で決めて後悔した方がまだマシかな?とは思えないでもないですけど。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム